【体験談】吉原のソープ「ソシアル蘭」はNS/NN可?口コミや料金・おすすめ嬢を公開

Junichiです。

風俗好きのスタッフM氏が吉原で新店舗を開拓したようです。

今回は「ソシアル蘭」というソープランドで、ネットでの口コミ評判も高いようです。

実際に体験してみてどうだったのか?

では早速始めていきましょう。

吉原のソシアル蘭とは?

東京・吉原にある高級店で在籍する大半の女の子はNS(生中出し)可である。

「麗嬢グループ」の1店舗で、系列店の中では若い女の子が多い。

ホームページ上での情報量も多く、女の子の動画や口コミ情報また条件による女の子の絞り込み検索ができ、予約時の参考になります。

いわば吉原のお店で一番情報発信をしているホームページではないでしょうか。

セックス目的の女子が集結!

Jメールには大人の関係を求める女子が集結しています。自粛期間中だけど、そのストレスを開放したい!そんな日もありますよね。ようするにセックスする相手を探している。でも女性は身バレが怖いので、匿名アプリを使います。


コロナ以降はセックス目的の女性で余っちゃっています。そんな人妻やJDを癒やしてあげて下さい。 風俗は1回2万円程度は必要ですが、Jメールなら3000円で十分に出会えるのでコスパ良くセックスできますよ!

吉原のソシアル蘭の場所

最寄り駅の三ノ輪駅に着いたらスマホのナビで

  • 東京都台東区千束4-19-4
  • 吉原 ソシアル蘭

と検索して頂ければたどり着けます。

(最寄駅への送迎あり)

吉原のソシアル蘭の営業時間、料金、予約方法

営業時間

10:30〜24:00(受付時間:10:00〜24:00)

料金システム

(総額)

  • 120分:60,000円(フリー)
  • 120分:65,000円(指名あり)

予約方法

電話予約(03-5603-9522)

会員はホームページ内の予約フォームから可能

吉原のソシアル蘭の女の子のレベル

吉原にありがちな「吉原年齢」が無く、限りなくプロフィールの年齢と実年齢が変わらないようです。

また、全体的にルックスも良くマイナス評価は、ほぼありません。

吉原のソシアル蘭のおすすめ嬢

吉原のソシアル蘭のおすすめ嬢は、

  • 聖子
  • しずく
  • ゆかり
  • いちご
  • ゆめ
  • 美月
  • ねお
  • みかん
  • うみ
  • あや

どの子も人気なので予約してから行きましょう。

吉原のソシアル蘭のNS・NN情報

吉原のソシアル蘭はNSプレイが可能です。

ちなみに、吉原では他にもNS可能店があります。

吉原には多数のNS・NN店があるので僕が体験した店を掲載しておきますね↓

吉原のソシアル蘭の体験談

かねてから高級店とはどんなものなのか?気になっていて一度行ってみたいと思っていました。

今回は満を持して行くことを決意。

いくつかの店のホームページを閲覧した中で惹かれたのがソシアル蘭。

特に個人プロフィール内にある動画が女の子の全体像や雰囲気が伝わってきて判断材料になりました!

その中で、語尾のイントネーションが方言なのか、可愛らしい「あけみ」さんに目が留まり早速予約。

全身のスタイルも自分好み。

当日はJR上野駅の入谷口前から送迎。

送迎車はアルファードで夜遅かったからか僕一人で快適でした。

やがてお店に到着し待合室へ。

椅子ではなくシートだったので座り心地良し。

10分程して案内され対面。

プロフィールの身長152センチより小柄に感じたので、さりげなく聞いてみたら実際は140センチ台とのこと。

特にそれに対してガッカリとかなく、身長を変えることがあるんだ?という発見でした。

ルックスは写真と変わらず、格好は強いて表現すればメイド服のような違うようなものでした。

部屋に案内され、部屋の明るさは照明のトーンをいくらか落とした感じでした。

僕の理想はAVのソープのようなガンガンに明るい部屋ですが(笑)

あと高級店だから、それなりの部屋なのかなと思ってたら大衆店と変わりません。

会話もそこそこに上半身を脱がされ乳首舐めと股間を責められ早くもKO寸前に。

お互い脱いだところで、体を洗ってもらい早速、マットに移りました。

マットだと通常は客が受け身になるわけですが、責めたくなったので逆に僕がソープ嬢役に扮し体を駆使して責めたわけですが、早くも股関節が痛くなり通常の受け身の客に戻ったわけです。

でもマットでの初めての責めは良かったですよ。

そのままマットで本番をやるにあたりゴム付きを要求したところ「もっと早く言ってほしかったです。」と言われちゃいました。(テンションダウン・・)

気を取り直し正常位で臨んだら乳首をいじられ早くも昇天。(乳首はやばい)

そのあと、体を自分で拭こうと棚にあるバスタオルはどれを使っていいのか聞いたところ「それです。」と言われ、どのタオルをを指しているのか分からないでいると「もどかしい。」と言われ又、テンションダウン。
(ちょっと怒りっぽい??)

本番はこの一回で、あとはトークを展開しました。

お互いスマホを見ながら、この画像が面白いとか見せ合いました。

最後に僕の昔の写真を見せると「この頃は良かったですね。」それに対し僕が「今と変わらないでしょ?」と
聞いたらキッパリ「昔の方が断然良い」と言われ時の流れの残酷さを味わった次第です。

20年前の写真だから仕方がないですけどね。

ちなみに「あけみ」さんは長崎出身です。

120分の時間を迎え、お別れです。

まあ感情の起伏はお互いあったけど笑顔でさようなら。

吉原のソシアル蘭のまとめ

初の高級店でしたが、大衆店(3万円)ラインとあまり変わらないような気が。

初体験ということで良い経験・勉強になりました。