コートダジュール吉原高級ソープの口コミ評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

Junichiです。

風俗好きのスタッフM氏がまた吉原ソープランドの新店舗を開拓したようです。

今回はコートダジュールという高級店でM氏の情報によると

高級店ですが恋人感覚のプレーを重視していて、童貞割引などの独自サービスが特徴

M氏

とのことです。

実際に体験してみてどうだったのか?

では早速始めていきましょう。

吉原のコートダジュールとは

吉原の中でも高級店に属するお店です。

様々な割引システムで高級店ながら中級店並みの価格で遊ぶことができます。

また「恋人感覚を堪能できる」ディープキスを重視するサービスや年齢表記を実年齢で表記する、童貞限定サービスなど他店とは一線を画すお店でもあります。

同じ高級ソープの王室は女の子の質とサービス共に最高で今吉原一の名店でしょう▼

『王室』吉原人気No.1ソープランドでNN体験談とおすすめ嬢|評判・口コミ・総額料金まとめ

ティアラも王室に負けず劣らずの女の子やサービスを提供しています▼

吉原高級ソープのティアラでNN体験談とおすすめ嬢|口コミ・評判・料金まとめ

女の子の若さではやや劣りますが吉原らしいサービスを受けたい場合はエンブレム皇帝はおすすめです▼

【吉原超高級ソープ】エメラルド皇帝の人気四天王嬢にNN体験談|総額料金・評判・口コミまとめ

吉原のコートダジュールの場所

吉原のコートダジュールの最寄り駅は

  • 日比谷線の三ノ輪
  • JR常磐線の南千住

です。

下記の駅からの無料送迎も着いています

  • JR山手線:日暮里駅
  • 日比谷線:三ノ輪駅

車で行く場合は「東京都台東区千束4-25-10」とナビにセットして下さい。

パーキングは周辺に多数あります。

吉原のコートダジュールの営業時間、料金、予約方法

吉原のコートダジュールのシステムを紹介します。

営業時間

9:00~24:00

総額料金

  • 60分:27,000円
  • 90分:41,000円
  • 120分:52,000円

様々な割引があるので、上記の価格より安価の中級店並の感覚で遊べることが多いです。

童貞なら15000円割引、他店の割引券を買取など独特のサービスが多いです。

ホームページなどをチェックしてから来店しましょう。

予約方法

電話、ネット共に一週間前から予約可能です。

ただし予約前日と当日の1時間前に確認の電話が必要です。

吉原のコートダジュールの女の子のレベル

吉原のコートダジュール女の子達

レベルは普通からやや高いです。

店の採用の傾向としてお仕事系の妖艶な子でなく、恋人みたいな素人系の女の子が多く在籍してます。

比較的若い子が多く在籍しており、パネマジも多くない印象です。

吉原ならではのサービスを堪能したいなら他店を選択することをおすすめしますが、かわいい子といちゃいちゃしたいならダントツでここが一番です。

ただ僕はこのお店でお仕事系の子と遊ぶことができました。

後ほど書きますね。

吉原のコートダジュールのNS・NN嬢の見分け方

NS嬢はおりますが、HPでは、見分けできません。

メルマガ登録すると、メルマガ内にて知ることができます。

またお店の人に聞けばNS嬢かは教えてくれます。

コートダジュールのおすすめ嬢ランキング

コートダジュールのおすすめ嬢は

  1. はるな:92のHカップでショートカットで色白のアイドル顔
  2. ゆめな:83のCカップで普通体型でアイドル顔
  3. ゆり:90のEカップで色白のアイドル顔
  4. まいの:83のCカップで甘めの顔で美系
  5. みく:86のEカップで大きな目でセクシー顔
  6. まや:86のFカップで健康女子です

店の採用方針としてアイドル系が多いです。

吉原のコートダジュールの体験談

しばらく、金津園に入り浸ってました

まあ、東京出張に行く機会が無くて、吉原に行くことが出来てませんでした。

電車、タクシーと乗り継ぎ、親しんだ吉原に到着。

「いやあ、久々だなあ…」

と通りを歩きます。平日のお昼にも関わらず人通りが多いです。

「写真だけでも…」

店員の呼びこみも何か懐かしささえ感じます。

いつも利用していた無料案内所は潰れてました…

数店舗、写真見学します。

そして、5軒目でお店を決めました。

お店の名前は「コートダジュール」

何とも店名から、ヨーロッパの雰囲気を感じさせます。

入店時の対応

まず、お店の前に着き

「今、遊べますか?」

「はい、平日なので行ける子多いですよ」

と店員が言ってきます。

「行ける子多いと聞くと、繁盛していないんかなあ」

と少し不安がよぎりました。

まずは、待合室に向かいます。

待合室には年配の男性が一人いました。

店員が女の子のパネルをもってきました。

「今、遊べる子は4人。あとは、待ちですが2人は行けます」

「すいません、NSしたいのですが」

「NSの子ですと、○○ちゃんと△△ちゃんですね」

と言ってきました。

一人は少し年齢高めながらサービスが抜群。もう一人は、お仕事系よりイチャイチャする感じの子とのこと。

どちらも細く胸が小さいが綺麗な子らしい・・・

僕的に今回は、気持ち良くなりたいので、お仕事系の子を選択します。

写真的には、美形で優香に似ています。

「ありがとうございます。時間はどうされますか?」

と言ってコースの説明。

「本日は割引きもありますので、お得ですよ」

と言われ

「じゃあ、120分コースでお願いします」

とコースを決定。

「では、40,000円でお代は結構です」

なぜか12,000円も割引。別にごねているわけでもなかったんですが。

やはり、暇なのか。それとも…。

色んなことを考えながら、お得に遊べるならいいと思い料金を支払い待ちます。

年配の男性は送迎待ちでした。

待合室には僕だけとなり、少し寂しく感じます。

女の子とご対面

10分しばし待つと

「○○さま、大変お待たせ致しました。ご案内となります」

と案内されます。いよいよ女の子とご対面です。

「おお」

そこに立っていたのは、綺麗な方でした。明るめの髪で写真通りの子でした。年齢も高めと言ってましたが、全然若く、20代後半の感じです。まさしく、優香似でスタイルも良いです。

「いらっしゃいませ。部屋はこちらになります」

と階段を女の子と一緒に上っていきます。

部屋に着き入ります。

部屋はソープにしては明るく、広くとてもきれいです。

「お兄さん、今日はお休みですか」

といつものソープに来ると聞かれる会話です。

「まあ、休みというか出張だけど。昨日で仕こと終わってね。今日は、夕方までフリー

なんだあ」

「へえ。出張ってことは、地元じゃないんだね。何処?」

「大阪からです」

「大阪なんですかあ。お兄さん、全然なまってないじゃん」

「いやあ、じゃあ遠慮なく話そうかあ」

「うんうん」

と他愛もない会話。でも、笑顔で聞いてくれ感じが良いです。

「お兄さん、お風呂先に入っちゃう?」

「どうでも良いけど、任せる!」

と言うと、女の子は僕の服を脱がせていきます。

即プレイしてもらえるように、こと前に体を洗ってきておりました。

ズボンも脱がされ、パンツ一丁に。タオルもかけられます。

女の子も服を脱ぎ、黒のブラとTバック姿に。

そのまま女の子は僕の前にしゃがみキスをしてきます。

「お兄さんの香水良い匂いしますね」

「えっ?俺香水なんて付けないけど…」

「じゃあ、フェロモンなの?」

「うそ!つけているけど安もん」

と僕を褒めてくれます。

女の子も良い匂いがします。

目をつぶったりすると、ホント優香にそっくりです。

僕は優香さんの笑う表情より、少しムッとしたり悩んだりする表情が好きです。

女の子が悶える表情を想像するとより僕好みの顔になるだろうと予測できました。

1回戦目開始

女の子はキスの後、胸を舐め、タオルを取り、息子を舐めます。

吸いながらするバキューム系のフェラです。奥まで咥えたりしてエロいです。

当然、袋も丹念に舐めてくれます。

「今度、横になってえ」

と言うのでベットに横になります。

女の子は下着姿のまま僕の上になり、ディープキスをし、胸、腹、ビキニライン、脚と舐めてきます。

ぴちゃっと体を吸うように舐めるので上手です。

マットプレーに期待が持てます。

女の子は息子に顔を移し、フェラをしてきます。

自分の唾を亀頭に垂らしたり、アナル付近も唾を着けてさすったり。

なかなか技を使って、気持ち良くさせます。

息子は最高潮に立ち、挿れたくなります。

「このままだと逝っちゃいそうだよ」

と女の子に言うと

「このまま上になって挿れちゃいますか?」

「うん良いよお」

と女の子は答えます。

ここで、ようやく女の子は下着を脱ぎ全裸に。

胸は確かに優香みたいに大きくないですが、形が良く、乳輪も小さくてかわいいです。

そのまま女の子は跨り、息子を騎乗位で挿入します。

「痛くないですかあ…ああ…」

こちらの具合を聞きながら、喘ぎます。

僕が思った通り。喘ぐ苦痛な表情は良いです。

僕の腹を掴み気持ち良く腰を動かしていきます。

女の子の秘部は狭くもなく丁度良いです。愛液も程よくヌルヌルしていて気持ち良いです。

女の子の乳首をコロコロ動かすと

「ああん、もっとしてえ」

とリクエストしてきます。

何度もコロコロし、喘ぎます。

僕も上になって攻めたいですが、このままの体位で逝きそうになります。

「ああ、もう逝きそう…」

「このまま、中に出しちゃっていいですう…んああ」

言いながらよがってます。

最後は、僕も下から突き中にたっぷりと放出してしまいました。

女の子は息子を抜きすぐさま、息子をお清めフェラをしてくれます。

そして、ティッシュで息子を拭きます。

「お兄さんのおっきくて、無理かなと思ったけど、真っ直ぐだから気持ち良かったですよ」

息子を褒めてくれます。

ベットで少し休み、会話をします。

「そういえば、優香に似ているって言われない?」

「ええ。あまり言われないよお。私そんなに、綺麗でもないし。おっぱいも小さいか

ら。結構悩んでいるんだあ」

「何言っているのお。○○ちゃん、ホレちゃうほどきれいじゃん!俺は、おっぱい小さい方が好きだけどな」

「そんなこと言ってくれて優しいんですね。お兄さん、てっきりオラオラ系かなと思ってた。アソコもでかいし」

「俺の息子は関係ないでしよ(笑)。てか、俺見た目そんなに怖い?」

「うん、少しいかついかなあ。だから、緊張していた」

と女の子は言ってきました。

緊張を少しも感じさせない対応は流石プロです。

お互い打つ溶けたところで(僕的には始めから充分に打ち解けたつもりです)

「お風呂に入りましょうか?」

と言ってきます。

お風呂場に行くよう促され、スケベ椅子に座ります。

スポンジの手つきは少々荒っぽく、少し痛いぐらいです。

そして、息子も洗われ、泡をシャワーで流します。

「お湯はっているので、お風呂に入って待ってて」

と言われ浴槽に浸かります。

お湯は適温ですが、長く入っているとのぼせそうです。

歯磨きとうがいをし、女の子も体を洗って浴槽に入ります。

「お兄さん、もう大きくなっている」

何故か、息子はもう最高潮に立ってます。

今日は、調子が良いです。

「もう、こんなに元気ならマットすぐ準備しちゃいますね」

と女の子はマットの準備をします。

マットプレー開始

潜望鏡プレイはありませんでした。もしかしたら、息子が元気で無かったらしてくれていたのかもしれません。

「マット準備できたよ。うつぶせで寝て下さいね」

と言われ、ゆっくりとマットにうつ伏せで寝ます。

背中にローションがかけられ、女の子は僕の上に乗っかてきます。

背中をゆったりとさすりマッサージ。小さなながら固くなった乳首を使い動いてくれるので気持ち良いです。

その後、背中を吸い付くように舐めていきます。舐め技はやはり上手で、気持ち良いです。

足の裏もべろべろと舐めてきます。長めに舐めてくるので、そこが弱い僕は少し我慢しちゃいます。

女の子は僕の体の下に脚を入れ、腰を持ち上げます。

アナルと息子をこれでもかと触りマッサージ。

「大丈夫ですか、ここ」

「う…ん…」

気持ち良くなり過ぎて僕は言葉になりません。

アナルも遠慮なく舐めてきます。

「次は仰向けになるので、腕こっちに出して」

と女の子が言うので腕を横に出します。

するとくるりと自然と仰向けの体勢にさせられます。

ローションまみれになった唇を構わずキスをしてきます。

負けじと舌を入れるとローション特有の味がします。

そのまま、胸、腹と次々と愛撫されます。

大きくなったローションまみれの息子をそのまま口に咥えます。

袋も舐め、亀頭を掌でコロコロとマッサージしてきます。

「だめえ、もう出そう」

逝きたくなってしまったので

「え、じゃあ、挿れちゃいますね」

と息子から口を離し、騎乗位にてそのまま挿入します。

既に逝きそうになった僕は、挿れて10秒くらいで女のの中に出してしまいました。

女の子をヒーヒー言わせたかったんですが…

「逝けましたねえ」

と言い再びお清めフェラをしてくれます。

「いやあ、○○ちゃんってフェラ上手だよね」

「そんなことないですよ。逝かない人もいるし」

と言います。

「いやいや、トップレベルに上手だよ」

「ありがとう。優しいですね、どこまでも」

と言って僕を持ち上げます。

マットの上で体を洗い流し、浴槽に浸かりローションを完全に落とします。

浴槽から上がり、体を拭いてもらいベットで休みます。

「何か飲む?」

と言ってきたのでアイスコーヒーを貰います。

女の子は隣に座り密着してきます。

「お兄さんって、モテるでしょ」

といきなり聞いてきました。

「全然、モテないよ。だから、こういう所に来ているじゃん」

「そおかなあ。私なら、お兄さんから口説かると嬉しいけどなあ。結構タイプだし」

冗談なのか、褒めまくります。

3回戦目開始

「じゃあ、○○ちゃんを落とそうかな」

と冗談ぽく言い、女の子の胸を揉みながらキスをし抱き寄せます。

そのまま女の子をベットに寝かせす。

首筋、耳を軽く舐め、胸を舐めていきます。

「ああん…」

優香似の悶えた表情が一層興奮させます。

そして、今日初の女の子の秘部に顔を移し攻めます。

毛が少し多いですが、今日の僕には逆に興奮効果となります。

匂いはなく、もうすでに愛液でヌルヌルになってます。

クリを舐め、指をヌルりと入れます。

「ああん…気持ちいい…はあ…」

女の子は腰を浮かし悶えます。

そして、Gスポット付近を刺激します。

秘部の中は、先ほどよりも愛液で満ちてます。

「ああ、出そう…」

と女の子は言うとブシャーと潮を吹きました。

少し、顔にかかってしまいましたが、思考回路崩壊の僕は気にしません。

そして、そのまま正常位にて息子を挿れます。

「ああん…」

枕にしがみ付き苦痛な表情をします。

秘部の中はヌルヌルを通り超し、ドロドロ状態。

そのぬちゃぬちゃとした音させ聞こえそうです。

「○○ちゃん、好きだよお」

再びディープキスをし、腰を激しく動かします。

僕も逝きそうになります。

「もう、逝っていい?」

「うん、一緒に逝ってえ」

と女の子は叫び、僕は中に放出してしまいました。

息子を抜くと、大量の白濁した液が溢れ出てきます。

女の子はぐったりしてます。

「○○ちゃん、大丈夫?」

「うん、ホントに逝っちゃった。お兄さん少し待ってて」

と女の子は言います。

しかし、女の子は起き上がり、僕の息子をお清めフェラをします。

溢れ出た白濁した液、女の子の潮でベットは汚れてしまいました。

「ああ、どうしよう。シーツ変えないとね…」

と困惑した表情してます。

「ごめん、汚しちゃって…」

僕は謝ると

「ううん…。お兄さんのせいじゃないから気にしないで。でも、気持ち良かったから

良いよ。今日はもう仕ことしたくないなあ、絶対お兄さんみたいなお客さん来ないし」

またまた僕を上げます。

時間も押し迫っているようなので、体をお互いに軽く洗います。

体を拭いてもらい、服も着させてもらいます。

女の子も黒い下着を着て、服も着ます。

「今日は、楽しかったです。また来てくださいね。良かったら連絡先教えても良いですか?」

とLINEを交換します。

「もしかしたら、私の方からばっかり連絡しちゃうかも…」

と言い、キスをして部屋を出ます。

手をつなぎながら、待合室前まで行きます。

女の子と別れ待合室に。

3人ほどいました。

店員から

「どうでしたか。こちらアンケートになりますのでご協力お願いします」

とアンケートが渡され、書きます。

送迎も聞かれましたが、一人で帰りたい気分なので断ります。

そして、羽田空港に向かい帰路につきました。

吉原のコートダジュールのまとめ

今回は、高級店での遊びでしたが、安価でしかも、綺麗な子とNSできたので大満足です。

ただ、たまたまフリーで遊べただけなので、予約をしてからでないと遊ぶことが難しいお店でもあります。

貴重な体験ができました。

パパでもコートダジュールで豪遊する方法

僕は結婚していて小さな子供もいますが、夜遊びしても怒られません。

なぜなら普段は自宅にいて育児を手伝いながらもパソコン1台で稼いでいます。

さらに嫁さんにたっぷりの生活費をあげているので、ナイトスポット巡りも許されています。

あなたも結婚後もお金を気にせず遊びたい場合は僕のメルマガを読んで下さい。

経済的、時間的自由人になる方法を教えています。

Junichiの無料公式メルマガを読んでみる

100%収入アップする方法も配信中です。
*現在5000名が購読中。

好きなだけナイトスポットで遊び回るJunichiは何者なのか?

今でこそ自由を満喫していますが元々は

「将来に不安を感じる会社員」

「雇われる生き方に不自由さを感じる日々」

そんなある日○○○に出会ったことで人生が変わりました。

その○○○とは?

平凡な会社員だった僕が自由を手に入れ昼夜問わず遊び回る自由人になった物語。

詳しい物語はこちらから

最後まで読んで頂きありがとうございました。