マドンナ巣鴨ピンサロの口コミ評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

Junichiです。

風俗好きのうちのスタッフM氏が巣鴨ピンサロの新店舗を開拓したようです。

今回はマドンナという昔ながらのピンサロ遊びが楽しめる店ということで口コミ評判も良いようです。

実際に体験してみてどうだったのか?

では早速始めていきましょう。

巣鴨マドンナとは?

今でこそ風俗といえばデリヘルが主流ですが、1980年代の頃は風俗といえばソープランドかピンサロでした。

繁華街のある駅近には必ずピンサロがあったものですが、かなりの確率でボッタクリやデブ・ブス・ババアのいわゆる地雷嬢が在籍する店の確率が高かったものです。

しかし巣鴨、大塚、五反田、高円寺・中野というピンサロ激戦地では優良、安価、手軽でしかも安心して遊べるお店も存在していました。

なかでも巣鴨は「御三家」と呼ばれる「安全地帯」「マドンナ」「ビックワン」がしのぎを削っておりましたが、この3店は時間内無制限の花びら回転とディープキスや生尺口内発射などの濃厚サービスを売りにしており開店前から行列ができる超優良店でした。

そして時代は昭和から平成、令和に移りましたが、安全地帯は残念ながら閉店してしまったものの、マドンナとビックワンは奇跡のように昔のまま営業しております。

昭和のピンサロがそのまま営業しているのは、まさに昭和の風俗史の生き証人、文化遺産と呼んでもおかしくないくらい貴重な存在です。

巣鴨マドンナの場所

巣鴨マドンナの最寄り駅は巣鴨駅北口で徒歩3分で店舗へ着きます。

最寄り駅に着いたらスマホのナビで

  • 巣鴨マドンナ
  • 東京都豊島区巣鴨2−4−6

と検索して頂ければたどり着けます。

巣鴨マドンナの営業時間、料金システム、予約方法

巣鴨マドンナのシステムを紹介します。

営業時間

  • 午後5時〜午後11時半(平日・土曜日)
  • 午後3時〜午後10時(日曜日・祝日)

料金システム

  • 5,000円(平日・土曜日の午後8時までと日曜日)
  • 6,000円(平日・土曜日の午後8時から閉店まで)

指名料:1,000円

予約方法

予約は出来ません

巣鴨マドンナの女の子のレベル

巣鴨マドンナ女の子

女の子は風俗嬢としての最低限の基準を満たしており、場末のピンサロにいる妖怪のようなババアや風船のようなデブといった地雷嬢は在籍しておりません。

ただし最近の学園系ピンサロと比較すれば女の子の年齢はちょい高めでアラサー率は高いですが、マドンナの方が濃厚なサービスを受けることができるので僕はそれなりにレベルの高いお店だと思っています。

巣鴨マドンナのおすすめ嬢

巣鴨マドンナのおすすめ嬢

  • あかね
  • まりあ
  • ソラ
  • 咲紀
  • りょう
  • なみ
  • えりか
  • かりん
  • かほ
  • みやび
  • レイ

巣鴨マドンナの本番(基盤)事情

巣鴨マドンナはピンサロなので本番(基盤)はほぼ不可です。

巣鴨マドンナの体験談

ある日僕は久々に巣鴨のピンサロ「マドンナ」のホームページをチェックしておりました。

そうしたところ基本サービスがディープキス、タマ舐め、乳首舐め、シックスナインとテンコ盛りなAちゃんという女性が在籍しているのを発見しました。

これは一度行って指名せねばと思い、とある平日の夕方4時半に僕は巣鴨に出撃しました。

もちろん午後5時のマドンナの開店前に並ぶためです。

少し早いかと思いましたが店の前まで行くと既に看板にはキラキラと照明が光り、表にはボーイさんが立っているではありませんか。

僕は慌てて地下にあるお店へ階段を降りていきました。

開店30分前なのでてっきり一番乗りかと思いきや、驚いたことに既に同志が3人も並んでいるではあれいませんか。

僕はボーイさんにAちゃんを指名することを告げ指名料込み6千円を支払い、地下へ続く階段に並んでいる同志の列の最後尾に加わりました。

同志は新聞を読んだりして時間を潰していますが、ここは店内では携帯電話はご法度なのでスマホをいじる人はおりません。

僕の後にもチラリ・ホラリと同志が加わり開店直前までに10人くらいの列になったでしょうか。

そうしていると開店10分前になり店内から勇壮なマーチが大音量で響き渡るのが僕たちのいる階段のところまで聞こえてきました。

それとともに店員さんの気合の入った挨拶も聞こえてきます。

まさに昭和のピンサロがそのまま営業しているようです。

開店時間の午後5時を数分回った頃、入り口の扉が開きご案内となりました。

いつの間にか先ほどのマーチではなく店内にはアップテンポの洋楽が流れています。

店内では女の子たちが「いらっしゃいませ」の掛け声とともに総立ちで出迎えてくれましたが、これも昭和のピンサロの大きな特徴です。

席へ案内されるとテーブルの上の麦茶をすする間もなくAちゃんの登場です。

エロい感じのする恐らくアラサーのお姉さんは決して美人とはいえませんが、整った顔だちで少しコケティッシュな雰囲気です。

おしゃべりもそこそこに、Aちゃんが服を脱ぎ僕の膝の上に乗ってきます。

キスを迫るAちゃん。そこで僕が舌でAちゃんの唇をこじ開けようとすると、逆にAちゃんから舌を僕の口の中に挿入してきました。

僕とAちゃんはお互いの舌を吸い合いベロベロのディープキスを始めました。

Aちゃんの舌は柔らかく弾力性があり、ヌメヌメとナマコのように僕の口の中に出し入れされています。

舐めていて本当に気持ちいい美味しいキスです。

そしてAちゃんはキスをしながら僕のベルトを外しズボンのチャックを下げてきます。

これには興奮して僕の愚息はカチカチに硬直してしまいました。

僕がズボンとパンツを降ろすとAちゃんはオシボリで愚息を清めてくれます。

お清めはタマにまで及ぶのでホームページにあるタマ舐めのサービスに期待が膨らみます。

愚息のお清めが終わると、Aちゃんがまた僕の膝の上に乗ってきました。

しかも今度は正面を向いて僕のももにまたがるような体制で抱き合いました。

そうするとAちゃんは身に何もつけていないので僕の硬直した愚息がAちゃんのアソコに直接当ります。

それどころかAちゃんはアソコを僕の愚息に密着させてこすりつけてくるので僕は大興奮してしまいました。

そうしながらAちゃんは再びディープキスを求めてきたのでお互いの舌を口にこじ入れ求め合います。

Aちゃんは舌の筋肉が発達しているのか、舌を尖らせ硬くしてから僕の口にズボズボと挿入してくるので僕は大興奮で頭に血が登りのぼせた感じになってしまいました。

さらにAちゃんはキスをしながら指で僕の耳をさわってきました。

僕が思わず「それ気持ちいい」と唸るとAちゃんはキスしている口を離して今度は僕の耳に「フーッ」と息を吹きかけてきます。

すごく卑猥な感じがして僕は興奮MAXです。

それだけではなくさらにAちゃんは僕の耳を舐め始めました。

快感がゾクゾクと背筋を走り脳がフワフワするような恍惚感に陥りました。

正直言って耳舐めまではピンサロで期待していませんでした。

それからもう一度お互いに口を吸い合うとAちゃんはようやく僕の膝から降りました。

しかし肝心のフェラはまだ始まりません。

Aちゃんは僕の着ているシャツをたくし上げると僕の乳首を舐め始めました。

そうしながら手を僕の腰に回してくるので敏感になっている僕の体はビクンと反応してしまいます。

正直言って腰を触られるとこんなに気持ちいいなんて知りませんでした。

そして乳首舐めの後はようやくフェラへ移行します。

期待した通りタマもベロンベロンに舐めてくれました。

Aちゃんのフェラは意外にも単調でカポカポしているだけでしたが、既にここまで興奮MAXになっている僕はしばらくするとあっけなく発射してしまいまいました。

しかしAちゃんはフェラをやめません。それどころかフェラを続けながら太ももを撫でてくるではありませんか!

Aちゃんに攻められ続けて敏感になってる僕の体は、発射したばかりだというのに気持よさにビクンと反応してしまうのでした。

もう僕はここまでしてくれるAちゃんから愛情すら感じました。

ようやく愚息から口を離したAちゃんは綺麗にオシボリで拭いてくれ、「また来るからね」と言って去っていきました。

発射してほどよい疲れを感じながら麦茶を飲んでいると、間髪いれずKちゃんが登場しました。

Kちゃんも決して美人ではありませんが、笑顔が素敵な性格の良さそうなお嬢さんです。

年齢はやはりアラサーといったところでしょうか?

そして服を脱ぐとオッパイがオワン型で乳首がツンと上を向いた素晴らしい形をしているのに気がつきました。

Kちゃんは愚息をお清めするとキスをしてきましたが、残念ながら舌を入れるディープキスではなかったです。

そして僕の膝の上に跨るとオッパイを顔に密着させてくれました。

この娘のオッパイは形が良いだけでなくプルンと弾力性があり実に揉み甲斐があります。

しばらくしてからフェラに移りましたが、Rちゃんのフェラは残念ながら少し単調で、さきほど発射したばかりの僕はイキそうにありません。

なのでイクことに神経を集中せずに周囲を観察することにしました。

マドンナというお店はソファーの背もたれが低く、しかも仕切りの衝立などが全く無いため、格闘中の同志の痴態が丸見えなのです。

他人のディープキスやフェラを眺めていると(本当はあまり見ていると店員さんに怒られるのですが)2つ前の席に脱いでかけてある服に目がとまりました。

そこにはなんと伝説のピンサロ嬢Rちゃんの名札がついているではありませんか!

1990年代後半に大人気だったサービス抜群の女の子が今でも在籍していたのです。

年齢は多分アラフォーくらいになると思うのですが、Rちゃんは昔よりちょっとぽっちゃりとした感じになってましたが、相変わらず情熱的なディープキスを繰り広げています。

Kちゃんには申し訳ないですがRちゃんのディープキスの方がつい気になってしまいます。

ほどなくしてKちゃんにコールがかかり「指名の女の子が戻るから待っていてね」と言い去っていきました。

ちょっと待たされてからAちゃんがまた戻ってきて、再び僕たちは熱い抱擁とベロンベロンのディープキスを交わしました。

そうしてフェラに移行すると今度は口の圧力が最初より強まっているのを感じましたが、これは2回目もイカせてあげようというAちゃんのサービス精神に違いありません。

5分くらいカポカポと尺ってもらったと思いますが、残念ながらAちゃんに終了のコールがかかりました。

Aちゃんが「2回イかせてあげられなくてゴメンね」と優しく言ってくれたのがすごく嬉しかったです。

ズボンをはいた僕はAちゃんと手をつなぎながらの退店となり、お店の出口の前でAちゃんと僕はお別れのキスを交わしました。

僕が店の階段を登って地上へ出て姿が見えなくなるまでAちゃんは店の中から手を振って見送ってくれました。

なんか恋人同士みたいなお別れだなぁと僕は思ったのでした。

巣鴨マドンナのまとめ

花びら回転と濃厚サービスを売りにしていた老舗のピンサロが次々と閉店してしまった今、昭和の時代から平成を経て令和の時代になっても同じ店舗・店名と同じ営業スタイルで続けているマドンナの存在は奇跡と言っていいでしょう。

もちろん若い娘に相手をして欲しければ、ニューカマーである今どきの学園系ピンサロの方が良いはずですが、少なくとも妖怪のようなババアが出てくる可能性がゼロにも関わらず、妙齢のお姉さんの濃厚なサービスが味わえるマドンナは素晴らしいお店だと思います。

特に今回Aちゃんのサービスはピンサロの限界といえるのではないかと思うほどに濃厚で、近々また再訪して指名したいと思います。

また伝説のピンサロ嬢のRちゃんの存在も気になりますので暫くは巣鴨通いをすることになりそうです。

パパでも巣鴨マドンナで豪遊する方法

僕は結婚していて小さな子供もいますが、夜遊びしても怒られません。

なぜなら普段は自宅にいて育児を手伝いながらもパソコン1台で稼いでいます。

さらに嫁さんにたっぷりの生活費をあげているので、ナイトスポット巡りも許されています。

あなたも結婚後もお金を気にせず遊びたい場合は僕のメルマガを読んで下さい。

経済的、時間的自由人になる方法を教えています。

→ Junichiの無料公式メルマガを読んでみる

100%収入アップする方法も配信中です。
*現在5000名が購読中。

好きなだけナイトスポットで遊び回るJunichiは何者なのか?

今でこそ自由を満喫していますが元々は

「将来に不安を感じる会社員」

「雇われる生き方に不自由さを感じる日々」

そんなある日○○○に出会ったことで人生が変わりました。

その○○○とは?

平凡な会社員だった僕が自由を手に入れ昼夜問わず遊び回る自由人になった物語。

詳しい物語はこちらから

最後まで読んで頂きありがとうございました。