プロフィール大阪デリヘルの口コミ評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

Junichiです。

風俗好きのうちのスタッフM氏が大阪のデリヘルの新店舗を開拓したようです。

今回はプロフィールという20代前半の若い女の子が中心に在籍するデリヘルで、ネットでの口コミ評判も良いようです。

実際に体験してみてどうだったのか?

では早速始めていきます。

プロフィール大阪とは?

女の子のルックスレベルは普通からやや高いです。

大阪市内のデリヘルの中では全体的に見て、レベルは高いほうだと思います。

また女の子は大学生のお小遣い稼ぎのアルバイト感覚でやっている子が多いため在籍嬢が若いのと、その反面入れ替わりが激しいお店です。

清楚系よりギャル系が良い場合はブレンダ難波をおすすめします▼

【ギャル好き必見】クラブブレンダ難波店の体験談|評判・口コミ・料金まとめ

プロフィール大阪の営業時間、料金システム、予約方法

プロフィール大阪のシステムを紹介します。

営業時間

24時間

料金

基本コース

  • 60分:16000円
  • 70分:18000円
  • 80分:20000円
  • 90分:22000円
  • 100分:24000円
  • 120分:30000円

この他に新人割、待機女性割、メルマガ割などで安くなる場合があります。

150分以上のコースもあるので問い合わせてみて下さい。

その他の料金

  • 延長30分:13000円
  • 延長60分:26000円
  • チェンジ:初回無料、2回目以降3000円
  • キャンセル:5000円
  • パネル指名料:女の子のランクが上がる毎に1000円+
  • 本指名料:2000円(女の子のランクにより異なります)

出張範囲

大阪市内:無料

1000円

大阪市内ホテル

2000円

東大阪、吹田市、豊中市、守口市、摂津市、門真市、八尾市、尼崎市、堺市(堺区、北区)

3000円

池田市、伊丹市、寝屋川市、大東市、藤井寺市、枚方市、高槻市、箕面市、松原市、富田林市、四條畷市、茨木市、和泉市、羽曳野市、堺市(西区、東区、中区、美原区)

4000円

高石市、泉大津市、岸和田市、貝塚市、泉佐野市、交野市、島本町、河内長野市、大阪狭山市、宝塚市、西宮市

5000円

関西空港、阪南市、岬町、泉南市、神戸市、京都市、奈良市

予約方法

電話番号:06-6774-2444

上記対応エリア無いの自宅、ホテルで利用できます。

プロフィール大阪の女の子のレベル

プロフィール大阪の女の子達

ルックスレベルは普通からやや高いです。

デリヘル激戦区の大阪市内の中では比較的にレベルは高いほうです。

最初にも書きましたが大学生が多いので、いい意味でも悪い意味でも素人感があります。

女の子の容姿の特徴ですが、全体的に見て清楚系が多いです。

ギャルもごく稀にいるかもしれませんが、やはりプロフィール大阪の女の子の特徴としましては、清楚系の大学生が大半をしめていると思います。

パネルと10%ダウンと思っておけば残念な思いをすることはありません。

また他の店舗ではよくあるのですが、指名なしの完全フリーで呼ぶと、とんでもないのが来る(デブ、ブス、歯抜け類)の場合が何処の店舗とは言いませんが、少なからずあります。

この店の場合はそのような心配は無用です。

プロフィール大阪の本番(基盤)事情

プロフィール大阪の本番(基盤)率は20%〜30%でしょう。

若い大学生がお小遣い欲しさに働く店なので、それほど本番(基盤)率は高くありません。

確実に本番した場合は飛田新地などに行った方がよいでしょう▼

大阪の飛田新地の遊郭体験談とおすすめの店|値段・行き方・システムのまとめ

プロフィール大阪のおすすめ嬢

プロフィール大阪のおすすめ嬢は

  • おとは
  • ふうこ
  • りんな
  • ののか
  • ゆあ
  • ゆの
  • 春風エリ(はるかぜ)
  • りず
  • うい
  • 星空(そら)

どの子も予約必須です。

プロフィール大阪の体験談

僕がプロフィール大阪を初めて利用させてもらったのは、一人居酒屋でやけ酒をした酒の勢いでした。

酔っ払って一人暮らしの家に帰り、ムラムラしてきたのでスマホで大阪市内のデリヘルのホームページを見たときにたまたま店舗ランキング1位でしたので興味本位で電話しました。

店のボーイさんの電話での対応は可もなく不可もなく、流れ作業のように、たんたんと利用時間、料金説明、女の子の指名有無など聞かれました。

僕は指名なしで利用したので、待機中の子ですぐにいける子をつけてもらいました。

僕が住んでいる場所が大阪市内だったのと、平日だったため電話してから20分ほどできてくれました。

最初は指名なしでしたので、どのような子が来るか不安と期待で変に興奮していましたが、チャイムがなりドアを開けた瞬間、ヨッシャ!!当たりや!と思わずガッツポーズしてしまいたくなるような、黒髪ロングの清楚系女性が挨拶してきました。

最初に軽くお互いに挨拶しあい、いろいろ話しをしていくうちに彼女は大学1年生で、群馬から大阪の大学に進学してきたそうです。

風俗を始めた理由は奨学金の返済と、友達が働いていて誘われたからと言っていました。

僕は60分コースでしたので世間話しで時間を食われる心配を心の中でしていましたが、彼女が気を使ってくれたのか、彼女の方から話を打ち切り、「シャワーに行きましょう」と裸になるよう促してきました。

彼女が裸になったときに、僕の興奮は絶頂でした。

細い体に白い裸、また乳輪は小さくキレイなピンク色で正直、その時の運もよかったと思いますが、指名なしの最低料金でここまでいい子をつけてくれるかと感動したのを今でも覚えています。

シャワーから先に出た僕は布団をひき部屋の明かりを少し暗くしてタバコを吸ってなんとか落ち着くよう自分に言い聞かせていました。

すると彼女がシャワーから出てきて、恥ずかしそうに布団に先に入ったため、僕も慌ててタバコを消して一緒に布団の中に入りました。

最初に彼女からキスをしてきたので、僕もそれに合わせてキスし、舌を入れて濃厚なディープキスをした後、彼女が上で僕が下という状況になり、彼女は僕の乳首、へそ、玉なめなど可愛い顔をしていますが、なかなかの責め上手でした。

僕の息子を舐めているときに彼女も興奮したのか、恥ずかしそうに自分のアソコも舐めてほしいと言ってきました。

僕は正直女性のアソコを舐めるのは好きではないのですが、彼女の見た目からは想像もできないプレイに興奮してしまい要求に応じました。

女性のアソコは人によっては独特の匂いがする場合があります。

特に風俗の仕事をしている女性は毎日アソコを使いますので、匂いがキツイ人は本当にキツイです。

僕は、あの独特の匂いが苦手でしたが、彼女のアソコは見た目以上の清潔感と同じように無臭でしたので、それにも興奮してしまい、最後は69の状態で肝心の本番交渉もする間もなく、興奮してイッてしまいました。

口内発射はオプションだったような気もしましたが、彼女は咎めることもなく「いっぱい出たね」と何処か満足気な表情でした。

プレイが終わったあとは二人でシャワーを浴び、僕が思いのほか逝くのが早かったので思ったよりも時間があり再び世間話しをしていました。

そこで思い切って連絡先を交換してくれませんか?と聞いてみたところ、なんとオッケーの返事を貰えたので、今度また指名で呼ぶと約束をして時間いっぱいまで話しをしました。

正直あっという間に時間が過ぎていったので寂しかったですが、別れ際に彼女が軽くハグとキスをしてくれました。

プロフィール大阪のまとめ

何回か指名なしで女の子を呼びましが、正直ハズレがきたと言うことは一度もありませんでた。

やはり面接の際に店側が女の子を厳選して選んでいる証拠だと思います。

また、店側もリピート向上を狙っているので、フリー客には可愛い新人を積極的に付ける配偶措置をとっているみたいです。

また、新人の大半が大学生で風俗経験ゼロの子が多いですので、お客側も連絡先の交換や、店外などのアフターに誘いやすいと思います。

ただし!無茶な要求や、しつこい店外の誘い(アフター)などの行為は女の子が店のボーイに言いますと、すぐにNG客になるため気よつけてください。

プロフィール大阪のような大型の系列店を、何店舗も持っているような店でNG客になりますと、他の系列店などでの利用もできなくなるため絶対に無茶な要求はしないよう注意しましょう。

節度を持って遊べば女の子もハズレはいませんし、若い子が多いので風俗初心者でも遊びやすい店だと思います。

パパでもプロフィール大阪で豪遊する方法

僕は結婚していて小さな子供もいますが、夜遊びしても怒られません。

なぜなら普段は自宅にいて育児を手伝いながらもパソコン1台で稼いでいます。

さらに嫁さんにたっぷりの生活費をあげているので、ナイトスポット巡りも許されています。

あなたも結婚後もお金を気にせず遊びたい場合は僕のメルマガを読んで下さい。

経済的、時間的自由人になる方法を教えています。

Junichiの無料公式メルマガを読んでみる

100%収入アップする方法も配信中です。
*現在5000名が購読中。

好きなだけナイトスポットで遊び回るJunichiは何者なのか?

今でこそ自由を満喫していますが元々は

「将来に不安を感じる会社員」

「雇われる生き方に不自由さを感じる日々」

そんなある日○○○に出会ったことで人生が変わりました。

その○○○とは?

平凡な会社員だった僕が自由を手に入れ昼夜問わず遊び回る自由人になった物語。

詳しい物語はこちらから

最後まで読んで頂きありがとうございました。