『ひとみ商店』人妻ホテヘルの口コミ評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

ひとみ商店サムネイル用画像

Junichiです。

風俗好きのうちのスタッフM氏がまた新店舗を開拓したようです。

今度は大阪の「ひとみ商店」という人妻デリヘルとのこと。

大阪の谷九というエリアにあってネットでの評判や口コミは上々です。

実際に体験してみてどうだったのか?

では早速レポートを始めていきましょう。

ひとみ商店とは

ひとみ商店は大阪の谷九エリアにある人妻系のホテルヘルスです。

料金体系からいわゆる「大衆店」に属し基本料金は60分で12000円となっています(その他ホテル代、指名料が必要。詳細は別途記載します)

ひとみ商店の受付のあるビルの周辺は、まったくといっていいほど「風俗街」という雰囲気はありません。

学習塾があったり普通の飲食店があったりする場所で、事情を知らない人はこんな場所にホテルヘルスの受付があるとは思いません。

ただし受付のあるビルから徒歩1~2分の場所に1つだけラブホテルがあります。

ここがひとみ商店を利用した際の主なプレー場所になるホテルで、自分でホテルを別途用意して来店する場合を除き、ほぼお店任せでプレー場所を用意してもらった場合はここでサービスをしてもらうことになります。

従って、ごく普通の街並みの中にあるということで、気軽に利用したい男性にとって利用しやすい雰囲気のお店であるということも言えます。

ひとみ商店の場所

ひとみ商店の最寄り駅は

  • 大阪メトロ堺筋線・千日前線:谷町九丁目駅
  • 近鉄線:大阪上本町

最寄り駅に着いたら

  • ひとみ商店
  • 大阪市天王寺区 生玉前町1-8和光ビル2F

とスマホのナビで検索すれば徒歩5分程でたどり着けます。

和光ビル2Fに受付店舗があります。

車で行く場合は近隣にコインパーキングは多数あります。

ひとみ商店の営業時間、料金システム、予約方法

ひとみ商店のシステムを紹介します。

営業時間

9:00~24:00まで。

ただし在籍嬢の出勤状況により朝は10:00まで一人も出勤していなかったり、22:00時以降になると女の子の数が減っていることがあるので、飛び込みで利用したいような場合は、利用前にお店に電話で確認することがベターです。

料金システム

基本料金

  • 60分12000円
  • 75分14000円
  • 90分17000円
  • 120分24000円

などとなっており最大240分までの料金がホームページに記載されています。

上記料金にホテル代の2000円が別途掛かります(ホテルによって変動する場合あり)

延長料金は30分あたり1000円、入会金は1000円、同じ嬢と2回目以降遊ぶ場合の本指名料は2000円となっています。

入会金に関しては風俗情報サイト経由(シティヘブンネットなど)で予約した場合などで無料にしてもらえたりしますので、お得な情報をサイトで確認して予約するのがベターです。

ひとみ商店は基本的にホテルヘルスですが、女の子によってはデリバリーが可能な場合もあります。

デリバリーで利用の場合は上記料金にプラス2000円の上乗せが必要。

予約方法

の両方が可能です。

また一度利用しますとメンバーズカードがもらえ、それに会員専用ダイヤルが書いてありますので、そこに電話を入れると2回目以降の予約はスムーズに行えます。

ちなみに電話を受けるスタッフさんの感じや愛想はいいので、初回に電話する際にも話しにくさなどを懸念する心配はしなくていいお店です。

ひとみ商店の女の子のレベル

ひとみ商店女の子達

この店は人妻や熟女系の店ですから30代以上が中心となります。

何度かひとみ商店を利用した僕が感じているのは、このお店はとにかく在籍嬢が粒ぞろいで質が良いということです。

早い話、「いい女がいっぱいいる」と言えば分かりやすいでしょう。

お店の公式ホームページのトップページに、「やっぱり綺麗でエッチな女性がいい・・・」と書いてありますが、在籍嬢もその記載通り綺麗でしかもエッチな嬢が多い印象です。

5段階評価でこのお店の在籍女性のランクをつけると、4以上は堅いと僕個人は思っています。

ただし人妻や熟女が好みの場合ですが。

ピチピチで若い子とを抱きたい場合は近隣にスピードエコ難波店という店があります▼

スピードエコ難波店ホテヘルの口コミ評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

確実に本番をしたいなら飛田新地も近くにあります熟女系なら11000円でプレー可能▼

大阪の飛田新地の遊郭体験談とおすすめの店|値段・行き方・システムのまとめ

ひとみ商店の本番(基盤)事情

ひとみ商店の利用者も声を聞くと本番(基盤)率はかなり低いようです。

女の子から「こっそり本番いかがでしょうか?」みたいなお誘いがあったこともありません。

ヘルス系は本番禁止ということで、このお店の子は皆きちんとそのことは守ってプレーしているように僕は思っています。

ひとみ商店のおすすめ嬢

ひとみ商店のおすすめ嬢は

  • みどり
  • きょうこ
  • ほなみ
  • まゆこ
  • いろは
  • なぎさ
  • れん
  • りん
  • みずき
  • めぐ

どの子も事前に予約必須です。

ひとみ商店の体験談

僕が利用するときはいつも電話で事前に予約をして利用しています。

電話でのスタッフさんの対応ははきはきとして気持ちいいので、電話がしにくいと感じたことは一度もありません。

ちなみにメンバーズカードに記載の会員専用ダイヤルからかけているため、

「○○さんですか。いつもありがとうございます」

と毎回言ってもらえます。

予約して受付に行くと、受付のすぐ横の待機室でしばし待つことになります。

僕は事務所が近いこともあり昼間に利用することが多いので、待合室でご同輩と一緒になったことはほとんどありません。

待合室はテレビがついていて雑誌、新聞もあり、爪切り、ティッシュなども置かれてあって暇をつぶす材料も多数用意されていますが、ここで長時間待たされたことはありません。

たいがい5分程度で指名した女の子がやってきてスタッフさんが案内してくれます。

女の子はビルの出口付近の階段のところで待っていて、そこから徒歩1~2分のホテルまで一緒に歩いて移動します。

私はこのお店で合計3人の嬢とプレーしたことがありますが、2人はホテルまでの間に「腕組んでいいですか?」と聞いてきてくれました。

シャイな僕は少し恥ずかしく思ったものの、せっかくなので腕を組んでもらってしばしの不倫気分を楽しみながらホテルまで移動しています。

ただし、あっという間にホテルに到着するので、ゆっくり話をしたりするのはチェックインしてからになります。

ラブホテル到着後はいつも嬢が受付でキーを受け取ってくれて部屋まで誘導してくれますので、デリヘルのように自分でホテルの手配などしなくてよくて楽です(ホテル代は2000円で後払い)。

嬢個々のプレースタイルはオーソドックスで、テクニックはごく普通といった感じです。

僕が指名してプレーさせてもらった女の子はいずれも上品な感じで見た目はどこにでもいそうな控えめでちょっときれいな奥さんという雰囲気。

ただし、いずれの子も全裸になった際に全身から出すエロオーラが満載で、裸を見た瞬間から一気にテンションが上がります。

僕は「ここのお店のスカウトマンは女性を見る目があるな」とこのお店で遊ぶたびに思うようになりました。

料金体系から考えても、60分12000円程度でこんなハイレベルの女性と遊べるのはかなりお得なお店と思っています。

熟女系のお店というのは一歩間違えますと、少々おばさん臭い女性やスタイル的に崩れてしまった女性に遭遇することも否定出来ませんが、このひとみ商店ではそういったいわゆる「ハズレ嬢」にあたる確率はかなり低いと僕は感じています。

そんなわけですので毎回プレイ後には爽快な気分にさせてもらってます。

僕は手コキフィニッシュが好きなので、いつもこのスタイルをお願いして楽しんでいます。

ひとみ商店のまとめ

ひと言でいうとこのお店は隠れた穴場のホテヘルと言っても過言ではないでしょう。

谷九エリアには複数の人妻系のホテヘルがありますが、在籍嬢の質から考えてこのおのおすすめ度はかなり高めだと思います。

尚、ホームページでの個々プロフィール内掲載の写真は、嬢のほとんどが顔出しはしていませんが、スタイル、雰囲気から想像したままの嬢と出会えると考えて間違いありません。

私はこのお店で3人と遊びましたが、写真を見て細めと思っていたのに実際はデブだったなどという経験をしたこともありません。

なので確実にいい嬢と遊びたい場合、このお店はおすすめです。

素人系の女性が多いのでサービステクニックに関してはごく普通といった感じではあるものの、クオリティの高い美人嬢に出会える期待も高い楽しみなホテヘル店です。

パパでもひとみ商店で豪遊する方法

僕は結婚していて小さな子供もいますが、夜遊びしても怒られません。

なぜなら普段は自宅にいて育児を手伝いながらもパソコン1台で稼いでいます。

さらに嫁さんにたっぷりの生活費をあげているので、ナイトスポット巡りも許されています。

あなたも結婚後もお金を気にせず遊びたい場合は僕のメルマガを読んで下さい。

経済的、時間的自由人になる方法を教えています。

Junichiの無料公式メルマガを読んでみる

100%収入アップする方法も配信中です。
*現在5000名が購読中。

好きなだけナイトスポットで遊び回るJunichiは何者なのか?

今でこそ自由を満喫していますが元々は

「将来に不安を感じる会社員」

「雇われる生き方に不自由さを感じる日々」

そんなある日○○○に出会ったことで人生が変わりました。

その○○○とは?

平凡な会社員だった僕が自由を手に入れ昼夜問わず遊び回る自由人になった物語。

詳しい物語はこちらから

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA