JJクラブ池下店の口コミ評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

Junichiです。

風俗好きのうちのスタッフM氏がまた新店舗を開拓したようです。

今回はJJクラブ池下店というヘルスで女の子をマジックミラー越しに選べるのでパネマジ無しに遊べる名古屋の優良店とのこと。

実際に体験してみてどうだったのか?

では早速始めて行きましょう。

JJクラブ池下店とは?

JJクラブグループといえば老舗中の老舗です。

他地域にも何店舗もお店をかまえております。

そして、なんといっても安心のマジックミラー。

女の子を直接マジックミラー越しに見て選ぶことができます。

お部屋に入って実際に会ったところで、「おいおい、全然違うじゃないかよ」ってことがないのです。

たくさんのコースが用意されているのも良いです。

通常のヘルスコースはもちろんですが、選べるコスプレがプラスされた、ときめきヘルスコースは魅力的ですね。

イメージコースでは選べるコスプレに夜這いコース・逆夜這いコースと男心をくすぐる仕様となっております。

平日10:00~15:00までで45分のコースしかありませんが、モーニングサービスがあるのもうれしいですよね。

各コースが2,000円お得で遊べるので、モーニングサービスを利用しながら、お気に入りの女の子を見つけるなんてのも良い手ではないでしょうか。

JJクラブ池下店の場所

JJクラブ池下店の最寄り駅は地下鉄「池下駅」で徒歩3分で店舗に着きます。

最寄り駅に着いたらスマホのナビで

 

  • JJクラブ池下店
  • 愛知県名古屋市千種区池下1丁目4-6ツルイビル1F

と検索して頂ければたどり着けます。

JJクラブ池下店の営業時間、料金、予約方法

JJクラブ池下店のシステムを紹介します。

営業時間

10:00~24:00

料金

ヘルスコース

  • 30分8,000円
  • 45分12,000円
  • 60分16,000円 
  • 70分19,000円
  • 90分26,000円

イメージコース

  • 45分14,000円
  • 60分18,000円
  • 70分20,000円
  • 100分30,000円

ときめきヘルスコース

  • 45分14,000円
  • 60分18,000円
  • 70分20,000円
  • 100分30,000円

モーニングサービス

(平日の朝10:00~15:00まで)

  • ヘルスコース:45分10,000円
  • イメージコース:45分12,000円
  • ときめきヘルスコース:45分12,000円

その他の料金

  • 入店料:2,000円
  • 予約料:2,000円
  • 前日予約料:プラス1,000円
  • 土日、祝はコース料金にプラス2,000円

予約方法

JJクラブ池下店の女の子のレベル

JJクラブ池下の女の子達

お店のホームページを見ると18歳から20代までしか在籍していません。

風俗店によくある実際はもっと上ということが多少はあるかもしれませんがほとんどありません。

ぽっちゃりの女の子もいません。

女の子のレベルは非常に高いと思います。

これは実際に女の子に聞いた話ですが、第一にマジックミラーでお客様に直接見て選んでいただくためです。

見ただけで年齢が明らかに違う女の子はすぐにわかってしまいますよね。

そして、第二にコスプレ衣装だそうです。

コスプレ衣装のサイズが決まっているらしく、衣装が着れなくなってしまったら、辞めていただくか他店に移っていただくと決まっているそうです。

ホームページではメディアNGの子もいます。

好みの問題もありますが、見た目、性格、サービスすべてにおいて、一定レベルより上の女の子しかいないと思って大丈夫だと思います。

JJクラブ池下店のおすすめ嬢

JJクラブ池下店のおすすめ嬢は

  • キキ
  • メイサ
  • リオン
  • アイミ
  • ヒトミ

どの子も予約は必須となります。

JJクラブ池下店の本番(基盤)事情

店舗型のヘルスなので本番(基盤)1割程度です。

大きな期待はしないと方が良いでしょう。

JJクラブ池下店の体験談

僕は名古屋に行く際は即答で「JJ」で決まりです。

「またかよ」なんて言葉はもう出てきません。

仕事の話もでてきません。ちなみに一緒に行動するときもありますが、基本的に各々好きなお店に行きます。

あとは、JJの何店にするかだけですが、ホテルから近い店舗を選ぶだけです。

僕からすれば、JJグループであれば、それだけで安心なんです。

何も考えなくても大丈夫。今回は一番近くだった池下店にしました。

池下店は3回目ですかね。

まずは入店料2,000円を受付で支払います。

待合室に行くと先客が3名いました。「やばいな…」僕の心がざわつきます。

JJクラブはマジックミラーで女の子が見えます。

しかし、すぐに女の子が見えるわけではないのです。

待機の女の子が数人マジックミラーの向こうに座れる状態になってから見ることができるのです。

ですから、予約なしで入った僕は気に入った女の子が目の前で先客に指名されて行ってしまう可能性があるのです。

気に入った子が終わるまで待つという方法もありますが、時間がないときは現実的ではありません。

と言うか、我慢できませんから先客が指名予約であることを祈ります。

マジックミラーのカーテンが開くと3人の女の子が見えました。

僕は1,2,3と順番を決めます。

先客にボーイさんがどの子にするかたずねます。

「1」という声が聞こえてきました。

「ちっ」僕の舌打ちです。

決して3が悪い訳じゃないのです。

比べるから順番ができるだけで、3でも僕にはもったいないぐらいなのです。

次のお客さんにボーイがたずねます。

「3」

「よし!」

僕は心の中で叫びます。

まあ、3人しかいないので、僕は次の回になるかもしれないんですが。

次のお客さんにボーイがたずねるとまさかの

「パス」

プロですね。

次の僕は当然「2」と答えます。

ここでコースと時間をたずねられて料金を支払いますので、「イメージコース、逆夜這い、60分」と伝え18,000円を支払いました。

逆夜這いコースは指定された部屋に一人で入りシャワーを浴びて、電気を暗くしてベットで待ちます。

するとそっと部屋の中に気配が。

ベットにもぞもぞと女の子が潜り込んできます。

これが最高に気分がたかまります。

足元から彼女の息が徐々に上に上がってきます。

しかし、大切なところはとばされます。

じらしです、じらされちゃってます。

本当は服をここで脱がされるようですが、我慢できない僕はすでに全裸だったので、女の子に笑われながら、すぐにサービスがはじまりました。

サービスはもちろん、気持ち良いです。

会ったことのない女の子に、いきなりこんなことや、あんなことをされるなんて。

またまた、我慢できない僕は電気をつけてもらうようお願いして電気をつけてもらい、ガン見しながらサービスの続きをしてもらいます。

暗いときの興奮、明るいときの興奮、2度おいしいコースでした。

一通りのサービスが終わった後、時間まで女の子とお話しするのですが、「本当はどの子がよかったの?」と聞いてきました。

僕は「1」と素直に答えます。理由を聞かれたので、僕は身長の低い子が好きだからと伝えました。

彼女は3人の中で3番目に呼ばれたことを気にしていたようだったので、正直にお客さん側がどういう状況だったか説明して僕の中では2番目だったことを伝えると彼女はほほえんで、さらなるサービスへ。

ここで時間終了です。

一緒にシャワーに行ききれいきれいにしていただき、体をふいてもらいお別れです。

もちろん、「今度は、予約してきます」と伝えると、「そういうこと言うお客さんに限って、もう来ないのよね」というきつい呪文をいただいて帰りました。

呪文をいただいたので、次の日にまたいっちゃいました。

JJクラブ池下店のまとめ

今回お相手してくれた女の子は文句なく良い子でした。次の日にまた予約をしていってしまったことからもわかっていただけると思います。

JJクラブの良さはなんといってもマジックミラーで女の子を選べることです。

マジックミラーであることで自分の中での他のお客さんとの勝手な駆け引きも楽しいですし、失敗がないことも良いところだと思います。

料金もけっして高いことはありません。

料金、女の子のレベルを考えたらコスパは相当良いと思います。

名古屋というヘルス激戦区、店舗型ヘルスがどんどん減っている中、老舗としてずっと残っているという時点でおススメなのは間違いありません。

風俗はいろんな失敗も笑い話として楽しいですが、初心者で風俗が怖いだとか、前回大失敗したから、今回は絶対失敗したくないなんて人は、一度行ってみてはいかがでしょうか。

パパでもJJクラブ池下で豪遊する方法

僕は結婚していて小さな子供もいますが、夜遊びしても怒られません。

なぜなら普段は自宅にいて育児を手伝いながらもパソコン1台で稼いでいます。

さらに嫁さんにたっぷりの生活費をあげているので、ナイトスポット巡りも許されています。

あなたも結婚後もお金を気にせず遊びたい場合は僕のメルマガを読んで下さい。

経済的、時間的自由人になる方法を教えています。

→ Junichiの無料公式メルマガを読んでみる

100%収入アップする方法も配信中です。
*現在5000名が購読中。

好きなだけナイトスポットで遊び回るJunichiは何者なのか?

今でこそ自由を満喫していますが元々は

「将来に不安を感じる会社員」

「雇われる生き方に不自由さを感じる日々」

そんなある日○○○に出会ったことで人生が変わりました。

その○○○とは?

平凡な会社員だった僕が自由を手に入れ昼夜問わず遊び回る自由人になった物語。

詳しい物語はこちらから

最後まで読んで頂きありがとうございました。