「姫路ハーレム」素人専門デリヘルの口コミ評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

Junichiです。

風俗好きのうちのスタッフM氏が姫路のデリヘルの新店舗を開拓したようです。

今回は「姫路ハーレム」というデリヘルでM氏いわく

姫路最大の在籍数を誇る素人専門のデリヘル。

M氏

とのことです。

実際に体験してみてどうだったのか?

では早速始めていきましょう。

姫路ハーレムとは

姫路ハーレムは兵庫県姫路市を拠点に広域に女の子を派遣しているデリバリーヘルスのお店です。

姉妹店には姫路人妻クラブというお店があるようです。

コンパニオン在籍人数最大級を掲げる素人専門デリバリーヘルスとして姫路市内では屈指の老舗デリヘルとして有名です。

姫路ハーレムの営業時間、料金、予約方法

姫路ハーレムのシステムを紹介します。

営業時間

年中無休24時間営業

料金

ヘルスコース

  • 60分16000円
  • 90分21000円
  • 120分29000円
  • 150分37000円
  • 180分45000円
  • 210分50000円
  • 240分58000円

指名料は1000円、キャンセルは無料。

姫路市近郊は交通費無料、その他市町村によっては交通費が負担となります。

デートコース

  • 60分15000円
  • 90分19000円
  • 120分28000円

デートコースは女の子とホテル外へ出てお食事・ドライブなどを楽しむことが出来るコース。

予約方法

電話(079-299-5677)で予約可能です。

姫路ハーレムの女の子のレベル

姫路ハーレムの女の子達

ルックスのレベルは普通〜やや高いです。

パネマジも多少ありますが、別人が出てくことは無いので実物は20%ダウンと考えて下さい。

姫路ハーレムはピュアな素人を派遣するデリバリーヘルスをコンセプトとしています。

なので、口コミなどを調べると、在籍嬢の多くは普段昼の仕事をしていたり、在学中の素人女性や若い人妻が多いとのことでした。

また責任者を女性が務めていることも在籍女性が多い理由だそうです。

ウェブサイトを見ると、パネルはほぼモザイクがかかっています。(後日風俗に詳しい友人に聞いた話では姫路市近郊の風俗業は需要が高く、モザイクをかけていてもお客様が付きやすく、顔を出してリスクを取る必要がないとのことでした。)

それから、ほとんどが兵庫県姫路市周辺に居住している女の子が多いらしく、出稼ぎで入店する女の子が少ないとのことです。

現在在籍中の女の子のパネルを見ると細身のスラッとした体形から僕好みのムチムチ体型までバランスよく在籍しているようでした。

年齢層は20代前半から20代後半までの女の子が多く在籍しており、尚且つ値段もお手頃なので、大当たりを期待してもいいのではないでしょうか?

また、風俗業界の女の子はお店をころころ変えたりする傾向が強いですが、姫路ハーレムは責任者やスタッフに女性が多いため安心感あり、お店に定着する率が高いとのことです。

姫路ハーレムのおすすめ嬢

姫路ハーレムのおすすめ嬢を紹介します。

  • じゅん:85のDカップでアイドル系
  • かざり:85のCカップで可愛い系
  • きぼう:85のCカップモデル系
  • りせ:82のCカップ色白の癒やし系

人気だった、すもも、ののあ、かえで、ののかは残念ながら退店しました。

姫路ハーレムの本番(基盤)事情

姫路ハーレムの本番(基盤)事情は高めで40%位でしょう。

指名客欲しさにしている子が多いと想像されます。

姫路ハーレムの体験談

ある日の飲み会終わり、最近ストレスが溜まっており、お酒も入り酔っぱらっていた僕は気が付けば携帯で風俗情報サイトシティヘブンネットにアクセスしていました。

今日は素人気分だったので、素人専門店のウェブサイトを閲覧していました。

そのため、ピュアな素人をコンセプトとしている姫路ハーレムへたどり着くのには時間はかかりませんでした。

繫華街の近くにホテルがあるので、デリバリーヘルスがいいなと思っていたので、姫路ハーレムはぴったりのお店でした。

さっそく姫路ハーレムの出勤中の女の子を確認したところ、まりちゃんという女の子が目に留まりました。

大人なセクシーお姉さんという紹介の仕方ですが、パネルの顔は目元しか出ていませんでしたが、大学生のような雰囲気があり、なんといってもむちっとした太ももに惹かれてしまいました。

さっそく、ウェブサイトから電話をかけると、ちょうど待機中であったため、60分のコースでまりちゃんの予約をしました。

すぐ近くのホテルに呼ぼうと思っていましたが、スタッフによるとお店が契約しているホテルへ行くとホテル込みの代金で約2000円の割引があるとのことで、ちょうどそのホテルが徒歩5分ほどの距離にあったのでそちらに呼ぶことにしました。

ホテルに入り部屋番号をお店に連絡し、着替えをした後、お風呂を溜め、ワクワクしながら待っていると、ついにインターフォンが・・・・。

ドアを開けると、パネルから想像していたよりも少し幼顔で、すらっと背の高いまりちゃんが立っていました。

素人感丸出しで無邪気にはにかむ彼女を見て、心の中でガッツポーズをしながらも、冷静な振る舞いを心がけながら、料金を先に支払いすこし会話した後お風呂へ。

細やかな気配りにドキドキしながらも、裸になった彼女の姿を見て興奮が止まりませんでした。

丁寧に身体を洗ってくれているので楽しみはベッドでと、グッと我慢したのを覚えています。

そして、お待ちかねのベッドへ移動。

僕の腕枕でうるっとした瞳をしている彼女をしり目に、バスタオルを剥ぐとお椀型のCカップおっぱいが・・・。

ディープキスをしながら手のひらサイズのおっぱいを揉みしだくと、身体がピクッピクッと反応しているのが分かりました。

我慢できずにしゃぶりつき、舐めまわしてやりました。

乳首は美味しそうなピンク色でツンッと上を向いており、そそられっぱなしです。

感度がよく次第に声が漏れ始め、下のお口は愛液まみれ。

まりちゃんのすべてを満喫し、お次は彼女のご奉仕タイムへ。

全身リップから始まり、指で乳首を転がされながらの濃厚フェラは絶品でした。

予想外の絶品テクにお手上げの僕はものの数分で果てる結果となってしましました。

抵抗虚しく勢いよく彼女の口の中へフィニッシュ。

そしてすべての精子を搾り取った後、口の中の精子を見せ、いやらしく飲み込む彼女の顔は生唾ものでした。

彼女のテクに打ちのめされ、悔しがる僕に微笑みかけてくれる彼女。ピロートークでは現在大学に通いながらデリヘルをしていることや、彼氏のこと、お店のことについて、赤裸々に話を聞かせてくれました。

そうこうしているうちに利用時間のアラームが鳴り、再びお風呂で優しく身体を流してもらい、お別れとなりました。

別れ際「またイチャイチャしましょうね。」と微笑みながら言ってくれた彼女の顔は今でも脳裏に焼き付いています。

あとから考えるとお金にケチらずもう少し長いコースにすべきだったと後悔も感じながら帰路につきました。

後日談ですが、写メ日記には僕についても書かれており、また2週間後にまた彼女に会いに行ったことは言うまでもありません。

もし、素人の大人なセクシーお姉さんに興味がある方はこの機会に利用してみる価値があるかもしれません。

姫路ハーレムのまとめ

初めての利用でしたが、非常に可愛い大当たり女の子だったと思います。

パネルにモザイクがかかっており、雰囲気や店の紹介文を参考に女の子を選ぶことにはなりますが、スタッフさんは女の子のタイプや性格なども把握しており、希望のスタイルなどを伝えれば、待機中の女の子の中からピッタリの女の子を選んでくれます。

今回利用したまりちゃんは容姿もさることながら、絶品テクにも驚かされました。

素人好きの僕にはたまらない60分間だったと思います。

料金的にもホテル込みのコースであれば、リーズナブルに遊ぶことができるし、非常におススメのお店だと感じました。

それに提携しているホテルも多く、場所を選ばないのがハーレムのいいところでもあります。

スタッフがお客様のことを考えて、少しでもリーズナブルに遊べるプランを提案してくれるので、とても好意的ですよね。

ただ姫路市近郊から離れてしまうと、交通費がかかってしまい割高となってしまうので注意が必要です。

私自身、現在は兵庫県には住んでいないため、なかなか利用はできませんが、姫路に出向いた際にはチャンスがあれば利用できたら思います。

パパでも姫路ハーレムで豪遊する方法

僕は結婚していて小さな子供もいますが、夜遊びしても怒られません。

なぜなら普段は自宅にいて育児を手伝いながらもパソコン1台で稼いでいます。

さらに嫁さんにたっぷりの生活費をあげているので、ナイトスポット巡りも許されています。

あなたも結婚後もお金を気にせず遊びたい場合は僕のメルマガを読んで下さい。

経済的、時間的自由人になる方法を教えています。

Junichiの無料公式メルマガを読んでみる

100%収入アップする方法も配信中です。
*現在5000名が購読中。

好きなだけナイトスポットで遊び回るJunichiは何者なのか?

今でこそ自由を満喫していますが元々は

「将来に不安を感じる会社員」

「雇われる生き方に不自由さを感じる日々」

そんなある日○○○に出会ったことで人生が変わりました。

その○○○とは?

平凡な会社員だった僕が自由を手に入れ昼夜問わず遊び回る自由人になった物語。

詳しい物語はこちらから

最後まで読んで頂きありがとうございました。