「ウルトラの乳」ホテヘルの口コミ評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

Junichiです。

風俗好きのうちのスタッフM氏が大阪のデリヘルの新店舗を開拓したようです。

今回はウルトラの乳という新大阪を中心とするデリヘルでM氏いわく

在籍全員がEカップでプレー中10分必ずパイズリしてくれるデリヘル。

M氏

とのことです。

実際に体験してみてどうだったのか?

では早速始めていきましょう。

ウルトラの乳とは?

全員がパイズリできるEカップ以上の女の子だけが在籍しており、それに満たない場合はどれだけ美人でも採用しないと豪語している巨乳専門のデリヘルです。

一般的な風俗でも胸が大きい子であればパイズリしてくれる可能性はありますが、全員が巨乳というわけではありません。

しかし、ウルトラの乳は全員が巨乳で10分間はパイズリ宣言をしているところであり、女の子全員が積極的にパイズリをしてくれますので「AVでしかパイズリを見たことがない、是非経験してみたい」という方におすすめです。

巨乳の質感・肉感・重量感、そして存在感を存分に楽しむ事ができる風俗となっています。

また、ポイント会員登録不要で一度でも遊べば自動でポイントが貯まり、期限が設けられていない「MMポイント」というサービスがあり、貯まったポイントは1ポイント1円で利用することが可能です。

還元率は原則5%となっています。

ウルトラの乳の営業時間、料金システム、予約方法

ウルトラの乳のシステムを紹介します。

営業時間

  • 平日:AM9:00~翌AM3:00
  • 金土祝前日:AM9:00~翌AM4:00

までとなっています。

料金

  • 60分:18,000円
  • 75分21,000円
  • 最大は5時間の95,000円

この他に消費税と指名するのであれば、別途指名料が必要です。

尚、指名料に関しては「本指名(同じ女の子と2回目以上遊ぶ時の料金)」と「パネル指名」の二つがありますが、胸の大きさによって金額が変わります。

  • Eカップであれば本指名は3,000円 パネル指名は2,000円
  • Fカップであれば本指名は4,000円 パネル指名は3,000円

とカップがあがっていくごとに1000円ずつ上がるシステムとなっているのです。

ちなみに、ウルトラの乳で在籍している女の子の中にはPカップもいて、その子を指名する場合は本指名14,000円、パネル指名で13,000円となっています。

この他にもレビューの書き込みをすることでお得になる朝活コースや待ち合わせホテ込みコース、指名料が無料となっている新人割引コースなどなど……様々な料金システムとなっているので、場合によっては安く済む可能性があります。

ちなみにクレカ手数料を取らない優良店です。

予約方法

電話かネット予約を使うことで簡単に予約が可能です。

手っ取り早いのは電話となっていますが、早めに予約をしたい場合ネットでも問題ありません。

対応エリア

発進場所は新大阪、西中島・十三になっており、基本的にはこのエリアのラブホテルやシティホテルへ派遣となっています。

出張を対応してくれるエリアとしては大阪市内(淀川区・東淀川区・北区他)豊中市・吹田市・摂津まで可能です。

ウルトラの乳の女の子のレベル

ウルトラの乳の女の子レベル

最低でもEカップ以上の女の子いて、それに満たさない子は採用すらされないみたいなので巨乳好きにはたまらないでしょう。

また、一般的な風俗であれば巨乳=ぽっちゃりという可能性も十分にありますが、巨乳専門店ということもあり、体型や形にこだわっているので、基本的にレベルの高い女の子が揃っています。

巨乳美女もいれば、一部のフェチにはたまらない「ロリ巨乳」などもいますので、そういうのが好きな人も損しないと思います。

普通の風俗と比べて少し料金が高めであり、また指名料もカップごとに異なってきますので「Gカップと遊びたい!」と思った場合は、それなりの料金が取られてしまいますが、パイズリを最低でも10分間はしてくれますので、値段相応なのかもしれません。

ウルトラの乳のおすすめ嬢

ウルトラの乳のおすすめ嬢を紹介します。

人気嬢

  • 京華子:86のGカップ
  • 天使ひな:103のJカップ
  • 雪(ゆき):100のIカップ
  • みなみ:105のHカップ
  • 四季(しき):101のGカップ
  • アサギ:96のGカップ

おっぱいランキング

  • 梨々亜:107のKカップ
  • 白咲(しらさき):101のKカップ
  • るる:100のJカップ
  • しのだ芽衣:110のJカップ
  • 天使ひな:103のJカップ

ウルトラの乳の本番(基盤)事情

ウルトラの乳の本番(基盤)率は20〜30%でしょう。

指名客欲しさにしている子も多いですし、お小遣い稼ぎを目的にしている子もいるようです。

ウルトラの乳の体験談

僕がここの店を選んだ理由としてはフリーで選んでも「パイズリ」できる女の子しかいないということで、今までいってきた風俗の中でも高めの部類に入りますが利用することになりました。

3日前に女の子はフリーで電話予約でしました。

朝割引がついていたのですが、店員が失念していたのか値段を言われて「あれ?」って思って翌日に再度電話すると「間違ってました」とのことで訂正してもらうことに。

当日はコンビニ前近くで待っていると、携帯から電話がかかってきて、出てみると運転手から、もう着きますと連絡が来て、更に待っていると白い車が近くのホテルで停車し、そこから女の子がやってきました。

ちょっと黒めでほんの少しだけぽっちゃりしていましたが全く持って許容範囲。

胸を武器にしている風俗なだけ、それを協調する服でそこばかりに目がいってしまうんですよね。

いつもいっている風俗はそこまで意識したことなかったんですが。

手を繋いで、ホテルへのチェックインは先払い、部屋に入って女の子へお金を払い、おつりが400円程度だったので「ジュース代にもしてください」といってあげました。

その後はシャワーを二人で浴びて、最初の5分ぐらいはおしゃべりで時間を使い、驚いたことに「子どもがいる」とのこと。それって言っていいのかな?と思ったのですが、別に僕は落としたいから風俗を使っているわけではないので、気にせずプレイを開始。

とにかくパイズリをしてほしかったので、最初からパイズリをお願いしましたよ。

実を言うと、今まで風俗には沢山いっていたのですが、そこに特化したプレイはしたことがなかったので「どれだけ気持ちいいんだろう」と思ってワクワクしていました。

相手の女の子もパイズリを快諾してくれて、してもらったのですが、想像の気持ちよさが勝っていたんですかね、そこまで気持ちよくなかったんです・・・

相手の女の子の胸のサイズはFカップだったし、それなりに期待していたのですが……パイズリができるお店!って買いてあっただけに残念でした。

その後は、フェラをお願いしてもらうことに、フェラの方はだいぶ気持ちよかったので「もうパイズリはいいんですか?」と聞かれた時は「このまま続けてください!」と言ったぐらいです。

その後は、向こうがフェラを終えてスマタプレイを開始したのですが、自分あまりそういうプレイは好きじゃなくて、5分ぐらいで一番気持ちいいフェラに切り替えてもらうようにお願いしました。

本当は色々なパイズリプレイや他の風俗より少し高めだったので、色々と期待していたのですが、時間ももったいなかったので諦めました。

女の子には少し申し訳ないなぁという気持ちもあったのですが、こっちも気持ちよくなってスッキリしたい為に利用しているので……。

その後は時間ギリギリまでフェラをしてもらい、何とか一発抜いてもらうことができました。

別れ際は、ギリギリまで手を繋いでくれてこれは嬉しかったです。

今までの風俗は時間が来たら「はい、おしまい」みたいなところもあったのですが、今回の女の子は最後までイチャイチャすることができました。

最後はLINE交換をして、お互い手を振りながらさようならしました。

ウルトラの乳のまとめ

風俗に行って巨乳を指名したいけど、中々いい子がいない。

できるだけフリーでも胸の大きい子と遊びたいのであれば、Eカップ以上在籍している「ウルトラの乳」は合っているのではないでしょうか。

ただ、本当にパイズリが気持ちいいか、そうでないかは女の子のテクニック次第となります。

自分のあそこが隠れるぐらいまでのパイズリなら気持ちいいのかもしれませんが、僕の場合は挟むのが精一杯みたいでしたので、少し残念感はありました。

ただフェラは気持ちよかったのでそのあたりのプレイもしっかりと研修していると思います。

とにかくおっぱい星人・巨乳好きなのであれば一度使ってみても損はない風俗店ではないでしょうか。

パパでもウルトラの乳で豪遊する方法

僕は結婚していて小さな子供もいますが、夜遊びしても怒られません。

なぜなら普段は自宅にいて育児を手伝いながらもパソコン1台で稼いでいます。

さらに嫁さんにたっぷりの生活費をあげているので、ナイトスポット巡りも許されています。

あなたも結婚後もお金を気にせず遊びたい場合は僕のメルマガを読んで下さい。

経済的、時間的自由人になる方法を教えています。

Junichiの無料公式メルマガを読んでみる

100%収入アップする方法も配信中です。
*現在5000名が購読中。

好きなだけナイトスポットで遊び回るJunichiは何者なのか?

今でこそ自由を満喫していますが元々は

「将来に不安を感じる会社員」

「雇われる生き方に不自由さを感じる日々」

そんなある日○○○に出会ったことで人生が変わりました。

その○○○とは?

平凡な会社員だった僕が自由を手に入れ昼夜問わず遊び回る自由人になった物語。

詳しい物語はこちらから

最後まで読んで頂きありがとうございました。