【体験談】埼玉のデリヘル「所沢人妻後援会」は本番(基盤)可?口コミや料金・おすすめ嬢を公開

Junichiです。

風俗好きのスタッフM氏がまた新しい風俗店を開拓したようです。

今回は「所沢人妻後援会」というお店で、ネットでの口コミ評判も高いようです。

実際に体験してみてどうだったのか?

では早速始めていきましょう。

埼玉の所沢人妻後援会とは?

派遣型の風俗店、デリバリーヘルス。

店名に、「所沢」が付いているだけに狭い地域限定と思ってしまうところですが、所沢市を起点に少々離れた場所までサービス範囲内とされています。

交通費が若干必要になりますが、在籍している女性の写真を見ていくうちに期待感の方が高まるので、いつしか前向きになっている自分に気づくと思います。

店舗無しの派遣型なので、選びに選んだ女性と待ち合わせ場所で落ち合いホテルへ直行、もしくはホテルの部屋に来てもらうシステムです。

どちらも間違いなくドキドキな素敵な時間ですね。

「人妻」に魅せられたアナタ。

快楽以上の癒し、癒し以上の快楽か。。

人を知り尽くした「妻」がきっと教えてくれるはず。

セックス目的の女子が集結!

Jメールには大人の関係を求める女子が集結しています。自粛期間中だけど、そのストレスを開放したい!そんな日もありますよね。ようするにセックスする相手を探している。でも女性は身バレが怖いので、匿名アプリを使います。


コロナ以降はセックス目的の女性で余っちゃっています。そんな人妻やJDを癒やしてあげて下さい。 風俗は1回2万円程度は必要ですが、Jメールなら3000円で十分に出会えるのでコスパ良くセックスできますよ!

埼玉の所沢人妻後援会の場所

派遣型(デリヘル)のため店舗はなし。

派遣エリアは所沢から飯能、国分寺エリア。

もし分からなくなったらスマホで、

「埼玉 所沢人妻後援会」

と検索してみてくださいね。

埼玉の所沢人妻後援会の営業時間、料金システム、予約方法

営業時間

9:30~22:00

料金システム

  • 本指名料(再指名):2,000円
  • 70分:15,000円
  • 360分:75,000円まで
  • 延長30分:8,000円

【その他】
地域限定のプラン等あり(詳細はホームページにて)

予約方法

ホームページの予約フォームから入力

電話予約(04-2925-5585)

埼玉の所沢人妻後援会の女の子のレベル

約、60名のスタッフが在籍しているようです。

ルックスレベルはとても高く、主婦とは到底思えない、素敵な方ばかりで一人を選ぶのにこれほど迷ったのは久しぶり。

同じ人物で違う服、違うポーズなんてことは一切無しで、ホームページを見てみるとすぐに気づくはずです。

全員が実際にその方の写真なのです!

身長やスリーサイズ、プレイ内容の可否など詳細に記載されているのでじっくりと見て決めることができるので安心です。

あり得ないようで実在する世界。

こんな出会いに感謝です。

埼玉の所沢人妻後援会のおすすめ嬢

埼玉の所沢人妻後援会のおすすめ嬢は、

  • あおい
  • まどか
  • さくら
  • ほのか
  • ゆい
  • はな
  • とも
  • ゆきえ
  • あやめ
  • いろは

どの子も人気なので予約してから行きましょう。

埼玉の所沢人妻後援会の本番(基盤)事情

本番(基盤)確率は約50%といったところですね。

確実に本番をしたい方はソープランドへ行きましょう。

埼玉周辺では以下の店舗とかおすすめですよ。

【体験談】西川口ソープ「ティアラ」はNS/NN可?口コミや料金・おすすめ嬢を公開

【体験談】埼玉のソープ「LOVE&PIECE PLATINUM(ラブアンドピースプラチナム)」はNS/NN可?口コミや料金・おすすめ嬢を公開

【体験談】大宮ソープ「チアガール」はNS/NN可?口コミや料金・おすすめ嬢を公開

【体験談】大宮ソープ「LOVE & PEACE(ラブアンドピース)大宮」はNS/NN可?口コミや料金・おすすめ嬢を公開

【体験談】西川口ソープ「ニュールビー」はNS/NN可?口コミや料金・おすすめ嬢を公開

埼玉の所沢人妻後援会の体験談

朝、目が覚める。

正確に表現すると目が覚めるわけではなく、眠れなかったというべきかもしれません。

天気がすごく良いわけでも悪いわけでもなく、ある理由が原因でその理由は3つほどあるのだけど、そのうちの2つは自分自身で解決できないことなのでノートに×を書いた。

問題はもう一つ。

これは自分自身でどうにでも状況を変えられるし、裏と出ようが表と出ようが僕自身の裁量にかかっている。

毎朝見るカーテンの不思議な細く淡い色が、人のように見えるデザインを見つめながら僕は今日、意を決しデリバリーヘルスに行くことを決めたのです。

既婚の男性諸君からの需要が高いとのウワサがある『人妻』が付いたデリバリーヘルス。

同じ境遇である僕は、一緒にいる妻に悪い悪いと思いながらも同時に胸の高鳴りを感じているのでした。

決めたら即行動!まずホームページを開く、『所沢人妻後援会』。

ページを見て何秒もたたないうちに、「選んで良かった」と声を出したいのを我慢します。

綺麗な写真を表示しているパソコンの画面に顔を近づけて本日の在籍表、出勤表を確認。

「奥様検索」の便利な機能から年齢、スタイル(身長・スリーサイズ)、可能プレイを参照して全神経を集中させて本気で探します。

厳選に厳選を重ねて決めたお相手の奥様、待ち合わせの駅を決めたらお店に電話をします。

この電話が繋がった時点で、今日という日がハッピーになることは決まったも同然。

必要事項と『奥様』の名前を告げてハッピーが確約となりました。

さて、待ち合わせは昼過ぎ、所沢駅西口のロータリー付近。

僕の住民票と同じ住所である所沢市、その一番の繁華街である所沢駅西口は昼も夜も行き交う人々は多い。

所沢に住んで数年、知り合いや飲み仲間、家族ぐるみの付き合い、なかなかのコミュニティーが出来上がっています。

もしかしたら知り合いの奥さん、はたまた職場の上司、同僚の奥さんが来たらどう対応すべきか、いや、そうなれば相手も同じ境遇なはず。

もし、仮に万が一そういう事が起きても不思議ではない『地元、所沢』で「人妻」と待ち合わせをする「訳アリな大人たち」。

今さらですが、待ち合わせ場所に立っていると生温い汗が流れるのを感じました。

知らぬふりをする為に、こちらから知り合いを見つけた方が得策だと周りの景色に全神経を集中させてふと、右を見た時、紺色ワンピースの女性が明らかに僕の方に真っすぐ歩いて来て「こんにちは」と明るく声をかけてきました。

「写真のとおりだ!」まったく写真のとおりなのです。

あまりの「そのまんま感」に圧倒された僕は情けない返事を返したのみでした。

とにかくホテルへと向かいます。

手を繋ぎたい衝動にかられながらも、もし気づかぬうちに知り合いに見られていた場合、言い逃れが不可能になるぞ!しかし、何て素敵なんだろ。

本当に人妻?ホテルの部屋に入ったらまず何と言おう・・・頭の中はグルグルと普段よりギアを増して回転させます。

「ホテル着きましたよ」笑顔で言われて、「あぁ、そうでした。。」

部屋に入ると、僕のうしろ側ですっごく良い香りと温かな感触が全身を包み込むのを感じました。

「今日はありがとうございます」といきなり急接近されたのでタジタジ。

でも下半身は、エレベータに乗っている時から既に起床済み。

毎回注意しようと思いながら、結果、そのようになっているので問題ないのですが、ホテルの部屋を探す時はなるべく上層階を選ぶようにしています。

何故かというと、その方がスタート地点から二人だけの空間を共有できるし、香りも堪能することができます。

起床した下半身に気づいているのかどうか、シャワーを入るためにお互いに服を脱ぐ事になり、素敵なワンピースをそろりと床に落とし、ブラジャーのホックを外したその容姿は、正に僕のタイプ!バスト89から始まりウェスト、ヒップ、太ももを通り足先に至るまでいう事なしです。

もちろん、女性をもった女性!というオーラ漂うお顔もいう事なんてありません(僕はパーツフェチなので、まず顔から下をみてしまうのです)。

起床している下半身を流し目で見て微笑んだ彼女は、僕の身体を優しく洗ってくれました。

洗っているのか撫でているのかと問われたら、撫でられていた記憶しかありません。

シャワーの湯気を纏いながら洗面台の横に並んだ彼女、身体をゆっくりと拭いていた僕の手をおもむろに掴んだかと思うとグイっと引っ張り、ベッドにダイビングする勢いで倒れこませ、そのままの流れで柔らかそうな胸に僕の顔を誘導しました。

「勝手に下半身を反応させちゃって悪い子。お仕置きしなくちゃね」

「舐めて」二の腕を僕の頭にまわしてペロペロと乳首を舐めさせると、薄く笑いながら吐息が荒くなってきました。

滑るような肌をした彼女の下の方へ、言われるがまま舌を移動させ、おへそに近づくとビクン!と腰が波打ち、同時にため息に色を付けたような声が漏れ始めると絡み合った足にまとわりつく感覚から、彼女からいやらしい汗の甘い香りが漂ってきます。

「もっと下!

強めの言葉と香りに誘われて、汗を舌で愛撫するように舐めながら、彼女が望むもっと下の方へ到達。

ムレムレになった場所へ舌を這わせると、彼女の方から僕の頭を吸い付けるように手で押さえ、苦しそうにする僕にかまわず一段と高いあえぎ声が壁にあたって周りの空気を震わせ、痙攣する両脚のあいだに顔があるのを忘れているのではないかと思うほど乱れに乱れて動物へと変化していく様子を僕は、舐めながら、「奉仕
しながら感じ取っていました。

絶頂を迎えて起き上がった彼女は、僕に足の先を舐めるように指示してきました。

一本一本、丁寧に舐めて綺麗にしました(パーツフェチだと伝えていたので内容に入れてくれたんですね)。

汗をかいて喉がカラカラになった僕に、オプションで注文していた「聖水」を仁王立ちで立ちはだかり、僕を見下ろす彼女の美しい顔。

「わかっているよね?」有無も言わせない言葉が、本物のシャワーとなって頭と口に注がれ、温かなしぶきが理性を溶かし、床の一部になってしまった僕は、固定されて動けなくなっていく。

「楽しかったね。声、出しすぎじゃなかった?私?」と優しく微笑む彼女。

ワンピースを着て身支度をする様子を見ながら僕は、「素敵な方だなぁ。こんな方に相手してもらえたなんて。そうあることじゃないよな。」と、全てが満たされた心の余裕から冷静に状況を把握し、幸福感とお得感に気づき始めたのでした。

帰って行く彼女を見送りながら、「今日は最幸だった」心の言葉が声になっていないか心配になるほど満たされたのでした。

埼玉の所沢人妻後援会のまとめ

本当に良いのかな?こんなことがあって!と思ってしまうぐらい、ハマってしまいました。

ホームページのプロフィール写真からそのまま出てきたように、「そのまんま」なのです。

当たり前のようで当たり前ではないのが、この手の業態ですが所沢人妻後援会は違います。

短絡的に考えてしまうのが、こんな素敵な奥様をもつ旦那さんが羨ましい!と思ってしまうくらい、綺麗な素敵な女性ばかりです。

日常に慣れてしまった僕たちは、「ちょっといけないこと」を心の隅で期待している部分があると思います。

その部分を合法的に解決してくれる、しかも大満足付きで。

本当に良いのです。