プレイボーイ八王子ソープランドの口コミ・評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

Junichiです。

風俗好きのうちのスタッフM氏が八王子ソープランドの新店舗を開拓したようです。

今回は「プレイボーイ」というソープランドでM氏曰く

実年齢がやや高めで30代〜40代が中心ですが値段は安くサービスも良いとのこと

M氏

実際に体験してみてどうだったのか?

では早速始めていきましょう。

八王子のプレイボーイとは?

八王子ソープランドは今回紹介するプレイボーイ以外にもう1軒ありますが、どちらも駅前ソープに該当し、60分で2万円前後のリーズナブルな価格で遊べるのが特徴です。

G着店でサクッと本番したいな~と気軽に遊びたい人におすすめです。

ただ料金やサービス面で見ると吉原の大衆店と同じ価格なので本格的にソープを堪能したい方には向いていないかもしれません。

ソープランドというと風俗店が立ち並ぶ怪しい路地に多いのですが、プレイボーイはJR八王子駅北口から徒歩3分の立地にあり、アクセスしやすい場所で営業しています。

八王子のプレイボーイの場所

八王子のプレイボーイの最寄り駅は「JR八王子駅」です。

北口を出てみさき通り沿いに歩いて徒歩3分で店舗に着きます。

最寄り駅に着いたら

  • プレイボーイ
  • 東京都八王子市三崎3-2

とスマホのナビで検索して頂ければたどり着けます。

八王子のプレイボーイの営業時間、料金、予約方法

八王子のプレイボーイのシステムを紹介します。

営業時間

9:00~24:00

料金

  • 09:00~12:00:入浴料3,000円+15,000円 計18,000円/60分
  • 12:00~19:00:入浴料4,000円+15,000円 計19,000円/60分
  • 19:00~24:00:入浴料5,000円+15,000円 計20,000円/60分

予約方法

電話番号:042-622-8909

早朝番は 8:00より、夜番は 8:30より予約可能です。

八王子プレイボーイの女の子レベル

八王子のプレイボーイの女の子達

女の子のレベルは普通です。

ホームページ上の年齢が20代半ば~30代と表記しているので実年齢は高めです。

実際に色んな女の子に入ってみましたが、恐らく平均的な年齢は30代半ば~40代辺りといった所でしょう。

「八王子は学生街だからソープで働く若い女の子もいるはず!」と考えている方はガックリと肩透かしを食らうので止めた方が無難です。

八王子で若い子で遊びたいならピンサロやデリヘルの方が多いですし、価格も安い八王子のソープランドに若さを求めてはいけません。

逆に言うと少し年上の女性に優しくされたい人や、プロのテクニックを味わいたい人なら価格が安く八王子プレイボーイはおすすめできます。

プレイボーイは『9時からLASTまで通し』『9時~15時35分までの早朝番』『16時20分~LASTの夜番』と時間帯に嬢が分類されるシステムになっています。

価格がわずかに高い夜番は僅かですが嬢も多く、新人が多めに入る傾向にあるので新人狙いの方は夜番を狙ってみると良いでしょう。

八王子のプレイボーイのNS・NN情報

八王子のプレイボーイはS着店です。

ですが一部NS・NNで生プレーしている子もいるようなので、掲示板などこまにチェックすると良いでしょう。

八王子プレイボーイ掲示板

八王子プレイボーイのおすすめ嬢

八王子プレイボーイのおすすめ嬢は

  • あい
  • あゆ
  • 愛華
  • いくら
  • いちか
  • えり
  • おとは
  • しおり
  • すず
  • のあ
  • みちる
  • みなも
  • もえか
  • ゆず
  • りんか
  • レイカ

八王子のプレイボーイの体験談

学生時代はバイト代が入ってパチンコで勝った時に遊んでいましたが、吉原でのNSプレイを知ってから足が遠のいた為です。

サービス自体は悪い印象では無かったので、ホームページを見つつ予約の電話を店にかけました。

予約電話を掛けると少し無愛想な印象を受けるボーイから、予約を入れてもらいました。

立川駅から八王子駅まで電車に乗り、北口からみさき通りを歩いてすぐなので迷うことなくプレイボーイに到着。

入り口の階段を上がった先でボーイに予約した旨を伝えて、4,000円とサービス料15,000円の計19,000円を払い待合室に通されました。

入口のボーイは予約の電話番も兼ねていた無愛想なボーイでしたね。

待合室の雰囲気は高級感あるデザインで、落ち着いた雰囲気。平日の昼間ということもあって、誰もいない待合室に通され10分経たずに嬢と対面しました。

今回指定したのはプレイボーイでも巨乳嬢。ホームページの写真とも大差なく当たりだなと内心ガッツポーズです。

「○○です、今日はよろしくお願いしますね」と優しく挨拶された後にトイレに行くか聞かれましたが尿意は無いので、手をつないでプレイルームへGO。

プレイボーイは60分のプレイ時間で、シャワー→お風呂→マット→ベットが定番コースなので悠長にしていたら楽しむことは出来ません。

セルフ脱衣でササッと脱いでいる間に、シャワーとお風呂の準備完了してもらい、スポンジで全身を洗ってもらいます。

時間は短めですがプレイの質は高く、全身を密着させながらやさしく丁寧に全身を洗ってくれるのでムードを盛り上げるには良いですね。

ただ洗ってもらうだけでなく、こっちもはやく触りたいな~なんて冗談を言いながら自慢の巨乳に触れてみるとくすぐったいよ~と可愛い反応がたまりません。

ここで遊び過ぎると時間が無くなるので愚息も立った所で、シャワーで石鹸を流してうがい薬と歯ブラシを渡され風呂に入浴です。

お風呂で向かい合いながら、たまに愚息をしごいて勃起を維持してくれますが潜望鏡は無、まあ時間が短いからしょうがないですね。

軽くトークをしつつお風呂で体が温まったらマットプレイのために、嬢がマットの準備を開始しました。

この時に八王子風俗裏話を聴くと、やはり在籍しているのは30台以上が多くて、若い子は手軽に稼げるデリヘルやピンサロ、あるいは客単価が高い新宿や吉原まで出稼ぎに行くそうです。

東京西部は府中市を除くと八王子周辺にしかソープが無いので立川方面から来る人もいるそうですが、年々お客さんが少なくなってきたと感じるとか。

そんな裏話も話しつつマットに誘導され、うつぶせの状態からマットプレイ開始です。

巨乳も相まってローションまみれの柔らかい肉体でヌル~っと滑ってくれる他、耳に息をかけてくれると、目で見えない分快感が増します。

うつぶせ状態から愚息だけで起立できるのではと思える程、バッキバキに固くなった状態から仰向けに移行です。

今度は乳首を重点的に攻められつつ手コキというマットプレイの王道を味わうと、うつぶせで見えなかった嬢の胸がぽよんぽよんと揺れる絶景を楽しみました。

ここで嬢から入れるかどうか聞かれるも、今入れるとマットで終わってしまうのでベッドを希望し、マットプレイは終了です。

お風呂でローションを洗い流し、体をタオルで拭いてもらった後はマットの感想を褒めつつベッドに移行しました。

キスをしながら手コキでしごかれ、そのまま再度乳首攻めからフェラへと下半身へとスムーズな攻めを食らい、仰向け状態となすがままにされましたね。

フェラをしている間に口でG装着されていたらしく、そのまま騎乗位で中へ誘導、巨乳なので嬢が動くたびにおっぱいが今度は激しくバルンバルンと揺れます。

絶景だなあとこちらも胸を揉み返しつつ、嬢の中を味わっていましたが攻められっぱなしは気が済まないとバックへ体位変更です。

肉付きの良いお尻をがっしり掴み、嬢をガンガン突いて激しい喘ぎ声を聞きながらそのままフィニッシュ!

久しぶりにたっぷり出たな~と余韻に包まれながら抜くと、嬢も息を切らしながら良かったぁ~と満足げな表情です。

「2回戦行くか!?」と嬢の表情を見て愚息が復活しそうでしたが時間も無く、ここは泣く泣く終了となりました。

再度体を洗った後には、アシスト着衣してもらった後に待合室まで送ってもらい退店となりました。

八王子のプレイボーイのまとめ

久方ぶりにプレイボーイに来ましたが、リーズナブルな価格でソープを楽しめる良い店舗だということに変わりはありませんでした。

嬢の年齢層が高めなこととG着店がネックですが、安心して遊びたい、年上の女性に優しくサービスしてもらいたい人にはおすすめです。

近くにパチンコ店もありますし、勝った時のご褒美にも良いかもしれませんね。

パパでも八王子プレイボーイで豪遊する方法

僕は結婚していて小さな子供もいますが、夜遊びしても怒られません。

なぜなら普段は自宅にいて育児を手伝いながらもパソコン1台で稼いでいます。

さらに嫁さんにたっぷりの生活費をあげているので、ナイトスポット巡りも許されています。

あなたも結婚後もお金を気にせず遊びたい場合は僕のメルマガを読んで下さい。

経済的、時間的自由人になる方法を教えています。

Junichiの無料公式メルマガを読んでみる

100%収入アップする方法も配信中です。
*現在5000名が購読中。

好きなだけナイトスポットで遊び回るJunichiは何者なのか?

今でこそ自由を満喫していますが元々は

「将来に不安を感じる会社員」

「雇われる生き方に不自由さを感じる日々」

そんなある日○○○に出会ったことで人生が変わりました。

その○○○とは?

平凡な会社員だった僕が自由を手に入れ昼夜問わず遊び回る自由人になった物語。

詳しい物語はこちらから

最後まで読んで頂きありがとうございました。