OATHの法則を理解してターゲッティングを知ろう

OATHの法則についてお伝えしていきます。

OATHの法則とは?

  • ・・・Oblivious (無知
  • ・・・Apathetic(無関心
  • ・・・Thinking (考え中
  • ・・・Hurting   (困っている

それぞれの頭文字を取ってOATHの法則と言います。これを用いることにより各段階に合わせたマーケティングが可能となります。

Oblivious(無知)

・客観的事実を理解していない

・欲求が無い状態

・マーケティング対象外

Apathetic(無関心)

・客観的事実を理解している

・問題を解決したい欲求が無い状態

・マーケティング対象にするには難しい

Thinking(考え中)

・客観的事実を理解している

・問題を解決したいと思っている

・マーケティングの対象

Hurting(困っている)

・客観的事実を理解している

・今すぐ問題を解決したい

・マーケティングの対象

OATHの使い方

マーケティングの対象となるのは

  • Thinking (考え中)
  • Hurting   (困っている)

この2つのです。その他はマーケティングの対象とはなりません。この2つにThinking (考え中)とHurting   (困っている)