中洲クラブピア高級ソープの口コミ評判は?おすすめNS嬢や料金を体験談から解説

Junichiです。

風俗好きのうちのスタッフM氏が中洲ソープランドの新店舗を開拓したようです。

今回は中洲クラブピアという高級ソープで、若くて可愛い子と安心して遊べるとのことです。

実際に体験してみてどうだったのか?

では早速始めて行きましょう。

中洲クラブピアとは

中州の中でも高級店に属するお店です。

高級店ながら短時間の安価のコースもあるので、初心者の方でも安心して遊べるお店です。

しかも「冷やかしOK」「同業者入店OK」など唱っており、他店とは一線を画すお店となってます。

中洲は九州でも有名な風俗街

エスペランサ新館は女の子の休憩時間を沢山とってプレーの質を上げている良い店です↓

「エスペランサ新館」中洲高級ソープの口コミ評判は?NSおすすめ嬢や料金を体験談から解説

熊本のブルーシャトーとは関係ないですが、店の造りにも凝っておりNSプレーができる店です↓

「ブルーシャトー博多」中洲高級ソープの口コミ・評判は?おすすめNS嬢や料金を体験談から解説

グランドオペラ福岡はデリヘルですが芸能人が利用するほど上質な女の子が揃っています↓

【芸能人御用達】グランドオペラ福岡の体験談|評判・口コミ・料金まとめ

中洲クラブピアの場所

中洲クラブピアの最寄り駅は地下鉄「中洲川端駅」で徒歩5分で店舗に着きます。

最寄り駅に着いたらスマホのナビで

  • クラブピア
  • 福岡県福岡市博多区中洲1-8-11

と検索して頂ければたどり着けます。

 パラシティ博多というビルの3Fが店舗です。

中州クラブピアの営業時間、料金、予約方法

中洲クラブピアのシステムを紹介します。

営業時間

8:00~LAST

総額料金

 

プレジャーコース

プレシャスコース

プレミアムコース

 

 

60分

30,000円

 

 

80分

40,000円

45,000円

 

100分

50,000円

55,000円

60,000円

120分

60,000円

65,000円

70,000円

150分

70,000円

80,000円

85,000円

180分

80,000円

90,000円

100,000円

 

予約方法

プレジャーコース、プレジャーコースは何日からでも予約可能となってます。

プレミアムコースのみ2日前の午前11時からとなってます。

電話番号:092-263-7813

中洲クラブピアの女の子のレベル

女の子のレベルは高いです。

一番安価なプレジャーコースの女の子でも若くてきれいな子ばかりです。

プレミアムコースの女の子なら絶対満足のいく事でしょう。

パネマジも良い意味であると思います。

中洲クラブピアのNS・NN情報

中洲クラブピアのNS・NN嬢はホームページの女の子の一覧の名前の横に☆マークがついている子がNS・NN対応嬢です。

2019年10月時の対応嬢は

  • 北川まりあ
  • もあ
  • れいか
  • えみり
  • りほ
  • ゆい
  • リオ
  • いずみ
  • りこ
  • ひとみ
  • そら
  • 白鳥美沙
  • さら
  • みお
  • ましろ
  • いぶ
  • ひな
  • りおな
  • あまね
  • みらい
  • りり
  • まい
  • まお
  • なみ
  • みのり
  • かれん
  • えま
  • りつか
  • まや
  • ありす
  • えりか
  • なる
  • つかさ
  • りょう
  • みく
  • ひなの
  • あや
  • らむ
  • まみ
  • ふみ
  • くるみ
  • かすみ
  • うた
  • ほなみ
  • はな
  • かのん
  • ひいらぎ
  • 霧島かほ
  • 新波リア
  • 速見もな

中洲クラブピアのおすすめ嬢

中洲クラブピアのおすすめ嬢は圧倒的に「北川まりあ」です。

一度ご体験ください。

中洲クラブピアの体験談

久しぶりに出張で福岡に行く機会がありましてにまた中州の方に行って参りました。

以前に、激安ソープながら、NSを堪能できたこともあり中州には悪い印象もありません。

出張は遠方の為、移動日もきちんと設けられているので、その移動日にソープを楽しむことにします。

出張の仕事が終わり、先方の方と懇親会。夜10時頃に終了しました。

ホテルに帰って、キャバクラに行きたかったのですが、流石に一人で行く勇気もなくそのまま部屋で休みます。

デリを呼ぼうともしましたが、どうも呼べなさそうなホテル(中州からも離れていて、高級ホテルみたいです)なので、翌日のソープ探しします。

時間が時間なので、電話予約が厳しいので、候補だけ決めます。

「そういえば、中州でまだ高級店行った事ないなあ」

と思った僕は、高級店に絞ります。

数店舗ピックアップし、翌日に備えます。

翌日、ホテルの朝食をごちになります。少し面倒なのですが荷物はそのまま持っていきます。

普段着も持ってきてなかったのが痛かった…。

スーツで歩くしかないです。

しかもキャリーバックを引きながら…。中州しかもソープをこれで歩くのが何ともはずかしい…。

そんな事は百の招致。ホテルからタクシーで中洲に向かいます。

タクシーの中でも、サイトを検索。

今回はぱっと見た感じで、勘に頼り店を決定します。

「クラブピア」です。

タクシーの運転手に住所を告げ向かいます。

住所を言うだけで、向かってくれるのはやはりベテランだなと思いました。

と同時に

「ソープに行くんだろうな」

と運転手は気付いていると思いますが、何も言わずに向かってくれます。

お店の近くで下ろしてもらい向かいます。

まだ、一通りが少なく一安心。

そして、店の入っているビルに到着。3階に上がります。

店のフロントに行きます。

「すいません。今遊べますか?」

「予約はされてないのでしょうか?もし、フリーでしたら遊べますよ」

と爽やかな対応してくれます。

「できれば、写真とか見せてもらえたらいいんですけど…」

「良いですよ。こちらにどうぞ」

と言われ、待合室に案内されます。

待合室は広く、ソファーも一人に一つ座るようになってます。

お客さんは2人ほどいました。

「お待たせいたしました。今スグですと厳しいですが、1時間後ですと出勤してくる子おりますので、3人から選べます。比較的本日は空いてますので…」

今スグに行ける子1人+3人の写真を並べてきます。

「すいません。俺ゴム無しの子と遊びたいんですが…」

思いきり変態な事を聞きます。

「全員、NSですよ。どういう感じの子が良いですか?」

「スレンダーであればいいです」

と言います。

「では、この子なら良いと思いますよ。綺麗な子ですよ。予約がいつも埋まっている子なので」

ホントに予約いっぱいでフリーではなかなか遊べないかは分かりませんが、写真の感じからは悪くないです。

「分かりました。この子で入ります」

「ありがとうございます。時間はどうしますか?」

割引も使ってくれるので100分で遊ぶ事にしました。

1時間後なので、退店も奨めてくれましたが、スーツ+キャリーバックなので断ります。

ですが、キャリーバックは預かってもらいました。

まずは、スマホでゲームやサイトを見ながら待ちます。

1時間後、時間ぴったりに

「大変、お待たせいたしました。○○さま、ご案内となります」

とお声がかかりました。

カーテンが開けられ、いよいよ女の子とご対面です。

「初めまして」

そこに立っていたのは、少しヤンキーぽいいでたちの女の子でした。写真とは感じが違いましたが、綺麗な子です。

茶髪のショートなのでダレノガレ明美に似ています。スタイルは、抜群です。

手を繋ぎながら、部屋に向かいます。

部屋に入ります。部屋は少し薄暗いですが、かなり広いです。

「お客さん、ここに座ってえ」

と言われベットに座ります。

女の子は僕の前に正座をし僕の足を太ももに乗せ靴下を脱がせていきます。

ヤンキーっぽい派手な容姿から想像できない優しいサービスです。

「お客さんってどちらから来られてんですかあ」

「う、秋田から来たよ。仕事でね」

「うん、スーツ着ているから仕事かなと思ってたけど。さぼり?」

「いやいや、今日は秋田に帰る移動日だよ。でも、飛行機まで時間あるからそれでね」

と会話をしてくれます。

そして、丁寧にワイシャツやズボンも脱がせていきます。

しかも、しわにならないようにハンガーにかけてくれたりしてくれます。

パンツ一丁になり、タオルをかけられます。

「お客さん、私のも脱がせてくれますか」

と言ってきましたのでドレスから脱がせていきます。

ブラジャーも外していきます。形の綺麗な推定Cカップの胸が。

パンツも脱がせ女の子は全裸になります。

スタイルはホントに抜群です。

「お客さん、目をつぶってえ」

と女の子は言ってきますので僕は目を閉じます。

女の子はこちらに近づき、ディープキスをしてきます。そして、耳元も舐めてきます。

耳にぴちゃっといやらしい音が響きます。

少し、感じちゃいます。

そのまま僕の胸を愛撫し、タオルを取ったら、息子を口に咥えます。

その姿を見ようとすると

「もう、まだ目をつぶったままにしてえ」

と女の子は言います。

恥ずかしいのかそれとも、僕の感度を上げる為なのかは分かりません。

でも、そのおかげか。妙に気持ち良いです。

女の子のフェラも抜群に上手です。

息子も大きくなります。

「目を開けて良いですよ」

と女の子は言います。

目を開けそのままベットに寝ころびます。

女の子は僕の上になり、胸や腹と愛撫していきます。

舐め技も上手です。舐めながら吸い付き、音を立て…。何十年もしているベテランのような技です。

女の子は、息子に顔を移していきます。

「わあ、お客さんの大きい…!」

先程よりでかくなった息子を握りながら女の子は言います。

そして、再び息子をパクリと口に咥えます。

息子を横に咥えながら、亀頭を攻めたりするので、ここで逝っちゃいそうになります。

「ああ、もう逝きそう…」

「待ってえ。じゃあ、挿れちゃいますよお。ゴムする方ですか?」

「いや、俺はしないなあ」

「うん、じゃあ、このまま私上で良いですか?」

「良いよ」

と僕は答え、女の子は帽子を被せてない息子を騎乗位で挿入していきます。

「いやあん、おっきくてあたるう」

女の子は秘部は僕の息子のサイズには少々小さいです。女の子は奥に当たるみたいで苦痛な表情します。

「はあん、お客さん、上になってくれますか?」

と言うので、僕が上になります。

まだ、女の子の体を堪能してないので、前戯をしていきます。

張りのある胸、引き締まった体は、綺麗なそのもの。少し、汗ばんだ体を愛撫していくと

「ああん、ああん」

と喘ぎます。

そして、女の子の秘部へ。毛が少し多くて、勢いのある秘部。容姿に似合います。

その毛をかき分け、ピンク色したものを愛撫します。

「ああん…」

僕の頭を掴みよがります。

そのまま何度も舌を入れたり、激しく動かしたりします。

「ああん、だめえ…」

先程よりも大きく喘ぎます。

愛液もかなり溢れ出てきて、臨戦態勢です。

「もう、挿れるよ」

「うん、ゆっくり挿れて…」

そういわれ、息子を挿れていきます。

秘部はきつく締まってます。

僕が動くと

「ああん…ああ!」

悲鳴に近い、喘ぎ声です。

「ごめん、痛い?」

「ううん。気持ち良い…」

あまり激しく動かさないように注意します。

しかし、ゆっくりながら、秘部の中はかなり気持ち良いです。

ひだが良く絡まってきます。

ひくひくしているのもよく分かります。

なので、またすぐに逝きそうになります。

「ねえ、もう逝くよ」

「うん、中に出しちゃって良いよ」

と言うので、僕はそのまま中にどっぷりと出しました。

そして、女の子にキスをしながら女の子を抱きしめ一緒に起き上がります。

「お客さん、優しいんですね」

そう言いながら、息子をティッシュで拭き上げます。女の子も秘部を拭き、一緒に休みます。

飲み物を貰い、大阪の会話をします。

女の子は、関西に興味があるらしく、話がはずみます。

「お風呂に入りましょうか?」

とお風呂場に行くよう促されます。

椅子に座り、体を洗われます。

少し事務的な感じがして残念でした。もう少し、密着して洗ってくれたら、嬉しいんですけど。

体を洗い流し、浴槽に浸かります。

浴槽は大きく、ゆったりできます。

うがい、歯磨きをし、女の子も体を洗い一緒に入ってきます。

女の子の肩に僕の脚を乗せ潜望鏡をします。

「うわあ、もう大きくなってるう。すごいですね」

女の子は息子を掴みそう言ってきます。

「マットってする方ですか?」

「しないと、ソープに来た意味ないでしょう!」

と懇願するように言いました。

女の子は浴槽から上がり、マットの準備をします。

「こちらへ、どうぞ」

と言われ、マットに移動します。

うつ伏せになると、ローションをかけないまま、背中を舐めてきます。

そして、少し愛撫したところで、ローションをかけられ、女の子は乗っかり動いていきます。

女の子のコリコリとした乳首と舐め技は気持ち良いです。

足の裏も舐めてくれます。

「次は、仰向けになってね」

と言われ、ゆっくり起き上がり、仰向けの体勢になります。

胸、腹、ビキニラインと舐められます。

ジュバジュバと音を立てて舐めていきます。大きくなって息子が女の子の動きを封じ込めるように立ち上がってます。

そして、ローションまみれの息子を上下に動かしながら、袋も舐めます。

袋もべろべろと舐め、亀頭も掌で激しく触ってきます。

またもや、挿れずに逝きそうになりますが、それを悟ったのか

女の子は息子を口から離します。

「腰を上げてくれますか?」

と言うと腰の下にタオルを敷きます。

「お客さん、また上になってくれますか?」

体勢を変え、上になります。僕が動きやすい様にするためにタオルを敷いてくれたようです。

そして、ヌルヌルのまま女の子に抱き着きながら、息子を挿れていきます。

秘部は小さいですが、ローションのおかげで、挿入はスムーズに行けます。

秘部の中は無論、気持ち良過ぎな状態です。

「ああん、お客さんのすごい…」

そう言いながら喘ぎます。

ローション効果もあり、動きも少し激しくしても痛くない模様です。

なので、激しめに動きます。

「あん、ああん」

女の子は脚を僕の腰に絡め、激しく抱き着いてきます。

その姿はダレノガレそっくりです。

そして、僕は逝きそうになり

「また、中で出していい?」

「うん、いっぱい出しても良いよ…お」

と女の子は叫び、僕は中に2回目の放出となりました。

息子を挿れたまま起き上がり、キスをします。

艶めかしい目をした女の子は

「お客さん、好き…」

と言いながらまたキスをします。

息子を抜き、そのままマットに座ります。

「このまま、居てね」

と言われ、ローションを流して貰います。

「あとは、お風呂でね」

と女の子から言われ、浴槽に浸かりローションを完全に落とします。

女の子は少し動きがぎこちない感じです。

「大丈夫?」

「うん、逝っちゃたから少し力が入んない」

と言います。

申し訳ないと感じながらそのまま女の子を眺めます。

「お客さん、上がっていても良いよ」

と女の子が言うので浴槽から上がります。

するとササッと僕に来て急いで体を拭いてくれます。

優しい子です。

女の子も体を洗い、ベットに一緒に座ります。

3回目もできそうですが、思いの外会話が盛り上がってしまい時間となってしまいました。

女の子は服を着て、今度はワイシャツなども着させてくれます。

「わあ、お客さんホストみたい。絶対、いけるよお」

と僕を褒めてくれます。

「そんな。俺、チャラいとかよく言われるけど…そこまで見えるの?」

「うん、お客さんホントに見えます」

まあ、良い方に考えましょう。

そして

「今日は、ありがとう。また来てくださいね」

と名刺を貰い、キスをして部屋を出ます。

手を繋ぎながらカーテン前まで行き、女の子と別れ待合室に僕は向かいます。

お客さんが結構いて、店員は慌ただしく動いてます。

なので、送迎は断り、キャリーバックを受け取り、店を出ます。

そのままタクシーを拾って福岡空港に行きます。

しかし、ここで事件。

どうやら、女の子からもらった名刺を飛行機内で落とした模様。

二度と女の子と連絡もできないのでした。

中洲クラブピアのまとめ

今回は、中州で初の高級店での遊びでした。

女の子はヤンキーぽい容姿のながら、丁寧な優しいサービスで、終始満足できました。

お店も綺麗で、料金も安価で良い体験談でした。

ただ、僕的にはもっと過激なサービスを期待していたので、次回は他店か他の嬢で遊ぼうかと思いました。

中洲クラブピアで豪遊する方法

僕は結婚していて小さな子供もいますが、夜遊びしても怒られません。

なぜなら普段は自宅にいて育児を手伝いながらもパソコン1台で稼いでいます。

さらに嫁さんにたっぷりの生活費をあげているので、ナイトスポット巡りも許されています。

あなたも結婚後もお金を気にせず遊びたい場合は僕のメルマガを読んで下さい。

経済的、時間的自由人になる方法を教えています。

Junichiの無料公式メルマガを読んでみる

100%収入アップする方法も配信中です。
*現在5000名が購読中。

好きなだけナイトスポットで遊び回るJunichiは何者なのか?

今でこそ自由を満喫していますが元々は

「将来に不安を感じる会社員」

「雇われる生き方に不自由さを感じる日々」

そんなある日○○○に出会ったことで人生が変わりました。

その○○○とは?

平凡な会社員だった僕が自由を手に入れ昼夜問わず遊び回る自由人になった物語。

詳しい物語はこちらから

最後まで読んで頂きありがとうございました。