【体験談】徳島のソープ「べっぴんハウス」はNS/NN可?口コミや料金・おすすめ嬢を公開

Junichiです。

風俗好きのスタッフM氏が徳島で新店舗を開拓したようです。

今回は「べっぴんハウス」というソープランドで、ネットでの口コミ評判も高いようです。

実際に体験してみてどうだったのか?

では早速始めていきましょう。

徳島のべっぴんハウスとは?

徳島で人気No1を誇るソープランドです。

値段は安いが嬢の質は高いというスタイルなので、連日ヘビーユーザーで埋め尽くされています。

なので、行くときは必ず予約することをおすすめします。

セックス目的の女子が集結!

ワクワクメールには大人の関係を求める女性が多いです。自粛中だけど、たまには開放的になりたい、そんな夜もあります。つまりSEXする相手を探しています。女性は恥ずかしがりだから匿名アプリを使っているんですよね。


素人女子ともっとセックスしたい人にはワクワクメールがオススメ。 コロナ以降、セフレ目当ての女性が余っちゃってるんです。人妻やJDの寂しさを和らげてあげましょう。 風俗なら1回で2万円は必要ですが、ワクワクメールなら3,000円程で十分に出会えるのでコスパよくセックスできますよ♪

徳島のべっぴんハウスの場所

最寄り駅の徳島駅に着いたらスマホのナビで

  • 徳島県徳島市鷹匠町1-26-1
  • 徳島 べっぴんハウス

と検索して頂ければたどり着けます。

徳島のべっぴんハウスの営業時間、料金、予約方法

営業時間

10:00~24:00

料金システム

  • 45分コース:16,000円
  • 60分コース;18,500円
  • 75分:23,000円
  • 90分:28,000円
  • 120分:37,000円
  • 延長(30分):10,000円

予約方法

予約せずに当日飛び込みで入店可。

でも混んでるので電話予約しておいた方がいいですね。

電話番号(088-622-1883)

徳島のべっぴんハウスの女の子のレベル

大衆店なのでルックスレベルは平均的かと思います。

テクニック・サービスはそこらへんの大衆店よりも良かったです。

徳島のべっぴんハウスのおすすめ嬢

徳島のべっぴんハウスのおすすめ嬢は、

  • しいな
  • そら
  • ゆあ
  • みさと
  • よしの
  • ここな
  • しゅな
  • かい
  • うらら
  • なな

どの子も人気なので予約してから行きましょう。

徳島のべっぴんハウスのNS・NN情報

徳島のべっぴんハウスは完全S着店です。

この界隈ではNS・NNの経験が皆無なので、体験したら記事を掲載しますね。

徳島のべっぴんハウスの体験談

数年前の夏の日の夕方、僕は仕事でひどいクレームを対応することになり心身ともに参っていました。

理不尽な顧客の怒りに長時間さらされたことで腹立たしさとやるせなさで癒やしを求め、自然と足は徳島市内の繁華街に向かいました。

道中、同じくソープランドへ出向こうとしていた友人とばったり出会い彼がなじみにしていた鷹匠町のべっぴんハウスで心の洗濯をすることにしました。

入店するとボーイさんが元気な声で挨拶してくれ少し元気を貰えました。

予約もなく飛び込みでの入店だったので、まずは当日出勤している女の子の写真をボーイさんに見せてもらい友人とお相手を決めることになります。

写真を見つつボーイさんに女の子について質問します。

かわいい系なのか、綺麗系なのか?

体型はぽっちゃりなのか、痩せているのか?

どのようなプレイスタイルなのか?

色々質問するも仕事で疲れて思考が回らないため、ボーイさんにオススメの子を聞くことにしました。

ボーイさんによるとレナさんが一番オススメとのことでボーイさんによるレナさん評は、すばり痴女ということです。

凹んでいる僕にぴったりということで友人はレナさんを譲ってくれました。

待合室へ通され、ボーイさんから冷たいお茶を提供されました。

室内にあるテレビから流れてくる野球中継に耳だけを傾け、エロ雑誌やエロ漫画を読みながら来たるべくプレイタイムに向けてのイメージを膨らませました。

実のところ、勢いでソープランドに来たものの、クレーム対応でかなり疲れていたので果たしてしっかり最後までイケるのか、ストレスのせいで中折しないか些か心配ではありました。

なんとかプレイ時間までに戦闘体勢を整えなければ…。

そうこうするうちにボーイさんが、

「○○様、お待ち致しました。」と声がかかりました。

レナさんの準備が整ったようです。

ボーイさんに即されてトイレをすませていざ、エレベーターへ。

ボーイさんの「それでは行ってらっしいませ」の声に送り出され、少しはにかんだようなレナさんの笑顔に迎えられました。

小柄だけど適度な肉付きの良さ、そしてなにより綺麗な人だなあ、というのがレナさんの第一印象でした。

大衆店だから綺麗な子はいないだろうと高をくくっていた私の期待は良い意味で裏切られました。

さらにエレベーターの戸がしまるなり、いきなりのキスで最早、夢うつつの状態に。

エレベーターを降りて、廊下をしばらく歩いてプレイルームへ二人で入りました。

室内は、10帖から12帖ほどの広さだったでしょうか?

湯船にマットプレイ用のスペース、そしてベッドが置かれています。

湯船にはすでにお湯が張られていました。

ここで、こんな綺麗な人とプレイできるのかと入室してベッドに座るように即されました。

ついつい仕事の心身の疲れと緊張のため、ため息をついてしまいました。

その瞬間、レナさんがいきなり僕に襲いかかってきました。

風俗経験は、人並みにあるつもりです。

飲み会の席では同僚と最近行った風俗での話を披露し合うことはあります。

が、女の子からいきなり襲いかかられたという話は寡聞にして聞いたことはありません。

貪るようにキスをされ、着ていた汗だくのポロシャツは脱がされました。

いきなりのことに状況を飲み込めぬままいやらしい舌づかいで左の乳首を舐められ、右の乳首はレナさんの右手に弄ばれていました。

まだ湯船に浸からぬまま行為に及ぶ気恥ずかしさと性感帯を的確に責められる気持ち良さに僕は名状しがたい感覚に襲われました。

そんな状況の中、さらにレナさんの攻撃はエスカレートしていきます。

「あなた、名前は?」

「え?○○」

「○○さん乳首弱いね(笑)まるで女の子みたいに感じてる(笑)噛んじゃおうかな(笑)」

「ねぇ、その前に汗を流そうよ(汗)」

「ダメ!」

バスタオルで僕の両手を縛りあげ、アイマスクを被せられした。

ああ、自分は女の子に襲われている。
女の子に犯されている。

ようやく頭が状況を飲み込めた時に恥ずかしさがこみ上げてなんとか逃れようと身をよじりました。

身をよじり逃れようにも左手で縛りあげた両手を抑えられ、舌と右手で的確に性感帯である乳首を責められ続けました。

徐々に抵抗する力を失い、レナさんに弄ばれて続けました。

レナさんの舌が、指が執拗に乳首を責めたて吐息を漏らしながら快楽の沼にはまりこみ抵抗する意思を失ってしまいました。

「あ、乳首立ってる(笑)もっといじめちゃおう(笑)」

抵抗を諦めた私を見てとったレナさんは、次は体勢を変えて右手で私の性器を手コキし、左手と舌で私の乳首を責め続けました。

「ああああ…もう出ちゃう(涙)」

そして、これ以上責められたら射精してしまうという寸前のところでコンドームを装着させた、レナさんは僕の上に跨りました。

私の上で上下運動をしつつ、それでも両手は乳首を玩び続けています。

「○○さん、かわいいから襲いたくなっちゃった(笑)」とレナさん。

上下運動に疲れると次は上に乗った状態で僕の乳首をまた舐めだしました。

「○○さんの乳首本当にすごく美味しい。」

「○○さん、すごい逞しいのにレナに犯されてる(笑)」

「○○さん、あなたはレナのペットなの!レナの性奴隷なの!いっぱい犯してあげる」

乳首責めと言葉責めさらされ、ついに一回目の射精に至りました。

コンドームを優しくはずして性器を優しく、そしていやらしく舐めてもらい射精直後でありながらまたも勃起してしまいました。

愛おしそうに僕の性器を舐めまわし、そしておもむろにコンドームを装着。

「ねぇ、○○さん!今度はレナを責めて!その逞しいチ○コでいっぱいイジメて」と上目遣いで懇願され、僕の性器はさらにそそりたちました。

まずは、正常位で、対面座位でと様々な体位で彼女を責め続けました。

バックからはレナさんのお尻をスパンキングし、背面騎乗位では激しく突きつつおっぱいも思う存分もみしだきました。

「○○さんの逞しいおち○ちんがレナをイジメてる。」

「○○さん、レナは、お客様を襲った悪い子だからいっぱいお仕置きして」

「あああああ、レナはもう悪いことしないからもう許して…」

「○○さん、もうダメ…もうダメ…もう許して」

レナさんは、受けに回っているようでしっかりリードしてくれます。

どういう体位が良いのか、どんな風に責められたら互いに興奮が最高潮へと達するのか。

レナさんの的確なフレーズは僕の興奮を加速させていきます。

「レナはもう悪いことしないから、ハアハア、もう許して、ハァハァ」

時間をフルに使い、最後は正常位でレナさんを抱きしめてフィニッシュしました。

2回目の射精の後はさすがにぐったりしてしまいしばらくベッドの上で仰向けになり、半ば放心状態で虚空を眺めていました。

文字通りレナさんに絞り取られ、フロントから残り時間わずかの電話がかかってくるまでは夢見心地でした。

夢から醒めてレナさんに入念に身体を洗ってもらい、カードを貰いました。

そのカードには、「かわいい悶え声にメロメロでした。また遊びに来てね。お仕事ガンバッテねハートマーク」と書かれていました。

こんなに満足度の高いソープランドでの一時はそうそうあるものではないと感じ、別れ際は名残惜しかったです。

エレベーターの中でのお別れのキスは余韻を残すものでした。

退店時に、ボーイさんから「レナさん、どうでしたか?」と声を掛けられました。

「最高でした。」と答え、数分前にプレイを終えて待合室で待っていた友人と落ち合って店を後にしました。

「ありがとうございました。またのお越しをお待ちしてます」というボーイさんの元気な声を背に足腰はフラフラになったものの癒やしを得て僕は友人とともにラーメンを食べに夜の街に繰り出しました。

徳島のべっぴんハウスのまとめ

当店は徳島県徳島市に大衆店のソープランドとなります。

立地条件は、徳島市内一の繁華街である秋田町にほど近く出張で徳島を訪れた方には、一度遊ばれてみることをオススメしたいお店です。

大衆店と言っても侮るなかれ、体験談に登場したような大当たりを引き当てることもあり、費用対効果の良いお店であると思います。

僕自身、この体験談以降は新人さんが入店したという情報をキャッチしたタイミングで遊びに行っていました。

ほかのソープランド同様、法令の関係で改築ができないこともありいたるところで老朽化が進んでいるのは残念ですが、この後も徳島の夜の街に彩を加えてほしいです。